小児科医求人ランキング【※好条件の求人を探す方法】

小児科の医師求人なら転職サイトに登録を

小児科へ転職をお考えの先生おすすめなのが、医師転職に特化した転職サイトの活用です。中でも評価が高いのがリクルートグループが運営するリクルートドクターズキャリアでしょう。

おすすめの理由はなんといっても膨大な求人数にあります。全国規模で求人を扱っていますので、他ではみつからない希少案件も網羅しています。サポートするコンサルタントも経験豊富なので、不安や疑問にもすぐ対応してもらえる心強いサービスです。

小児科の医師求人にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 小児科医の求人数 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 国内全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 国内全国
  • 小児科医の求人数
  • ★★★★★



医師転職ドットコム 無料 国内全国 ★★★★★ 詳細
  • 第2位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 国内全国
  • 小児科医の求人数
  • ★★★★★



エムスリーキャリア 無料 国内全国 ★★★★ 詳細
  • 第3位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 国内全国
  • 小児科医の求人数
  • ★★★★



小児科医の職探しは転職サイト利用が必須

厚生労働省が公表している各種統計調査によると小児科医師の人数は、1955年から徐々に増え始め1981年には35,455人でピークでした。しかしその後は年によっては、横ばいの時期もありましたが年々減り続けています。厚生労働省のホームページの最新情報では現在の全国の小児科医師数は30,344人で、県別で見てみると最も多かったのは東京都の3,903人でした。また15歳未満人口10万人あたりでの小児科医師数は平均180.20人で、東京都の場合は262.65人で最も多かったのは徳島県の297.92人でした。

小児科や産婦人科はどこの病院も医師不足が深刻な診療科ですが、ではなぜ小児科が敬遠されるのでしょう。その理由として考えられるのは最近では地方行政の方針で子供の受診料を無料にしている地域が多く、コンビニ診療と呼ばれるほど親がちょっとした病気でも頻繁に子供を診察させることが挙げられます。また小さい子供の場合は夜に急に発熱したり、嘔吐したりすることも多く夜間の急患が多いのも特徴です。さらに大人とは違い具合が悪いと問診や注射をするのも難しかったりして、治療にひま手間がかかるのに報酬は大人とほとんど変わりません。

小児科医の過酷な勤務実態を描いた、「医師の過重労働-小児科医療の現場から」という単行本が出版されています。著者は1991年に北海道大学大学院で学び現在は小児科医でもある江原朗で、いつ過労死してもおかしくないような長時間勤務を続ける小児科医の労働実態が描かれています。また小児科医の過重労働を防ぐためには、現在の医療体制のどこに問題点があるのかを鋭く切り込んでいます。このままいけば24時間体制での小児科の継続は、現実的に不可能であることをデータから検証しています。

実際に小児科の夜間の受診率はこの20年間で40%以上も増加していて、夜間診療に対応できる小児科医の人数が絶対的に不足しています。民間の一般病院に勤務している小児科医の人数は現在ひとつの病院に約3人弱ですが、深夜や朝早く病院を訪れる患者さんの数は日平均で10人もいます。さらに慢性的に小児科医が不足している病院が多く、宿直回数も1ヶ月に10回を超えることも珍しくありません。また日中でも患者数が多いために仮眠を取る時間などもなく、疲弊している小児科医が多いのが現状です。

正直なところもう限界だとお考えであれば、転職することも視野に入れることも大事です。なかには24時間を超える連続勤務が月に10回以上もあったりしている病院も存在しています。一方では探せば24時間を超える、連続勤務などまったくない病院もあります。もし転職をするのであればリクルートドクターズキャリアのような、医師に特化された転職サイトを利用するのがベストです。医師に特化された転職サイトであれば小児科医の立場で、専任の担当者が希望するような職場を見つけてくれます。


Copyright (C) 2013-2017 小児科医求人ランキング【※好条件の求人を探す方法】 All Rights Reserved.