小児科医求人ランキング【※好条件の求人を探す方法】

小児科医求人TOP >> 小児科医の転職活動のFAQ >> 小児科医の仕事内容は?

小児科医の仕事内容は?

小児科医の仕事内容とは中学生より下の15歳未満の、子どもの病気を診療したり治療することです。小児科医が他の診療科と1番違うのは、患者が大人でなく子供だということです。大人であれば大人というひとつのカテゴリーで括れますが、子供はゼロ歳児から生後1ヶ月の新生児と6〜12歳までの学童期とでは、注射や投与する薬の量もまったく異なってくるからです。さらに処方する薬の種類にしても子供の年齢や発達の仕方によっても違ってきます。そのため薬ひとつでもその子供の体重が何キログラムなのかとか、飲み薬にするのか顆粒がいいのかカプセルがいいのかまで考えながら処方する必要があります。

さらに小さな子供は大人と違って上手く、自分の体の症状を上手く説明することができません。もちろん新生児や生後1年までの乳児の場合などは、まだ喋ることさえできません。そのため保護者である親から話を聞き出したり、子どもの症状を意識の度合いや表情やしぐさなどから判断するしかありません。大人の場合は外科や内科や皮膚科など疾患や体の部位で診療科が分かれていますが、小児の場合はぜんそく・はしか・おたふく風邪など子供特有の病気についてだけでなく広い範囲での知識が求められます。それと子供はたえず成長するので、その成長やその先のことも考えながら対応しなければいけません。

次に小児科の仕事内容の中で多いのがワクチンの接種や乳児の健診で、特に乳児から受けなければならないワクチンなどの予防接種があります。そのため乳児から予防接種を受けているお子さんの場合には、その後も定期的に訪れることが多いのが特徴です。またインフルエンザが流行る年などはワクチンの確保や、予防接種に訪れる患者が急増します。インフルエンザに掛かった子供たちも治療に訪れるので、忙しさも普段の倍以上になります。ワクチンの注射も大人とは違って嫌がって泣きわめいたり、逃げ出したりする子供もたくさんいます。

あと大変なのは日直がある場合で、時間外でも患者数が多いのが小児科の特徴です。実際には緊急性がないケースがほとんどで、子供の治療よりも保護者である親の対応が仕事みたいなものです。この背景には子供の医療費の無料化も大きく影響していて、時間外でも問題ない場合でも病院を訪れるのも小児科の特徴だといえます。

地方都市や一部の地域では小児科医の数が不足していて小児科を廃止したり、救急で運ばれる子どもの受け入れができず社会問題にもなっています。このような危機を救うためにも、多くの小児科医が求められています。もし小児科医の求人を探すのであれば、リクルートドクターズキャリアのような医師に特化された転職エージェントが1番おすすめです。

小児科の医師求人にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 小児科医の求人数 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 国内全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 国内全国
  • 小児科医の求人数
  • ★★★★★






Copyright (C) 2013-2017 小児科医求人ランキング【※好条件の求人を探す方法】 All Rights Reserved.