小児科医求人ランキング【※好条件の求人を探す方法】

小児科医求人TOP >> 小児科医の転職活動のFAQ >> 小児科医に多い苦労・悩みは?

小児科医に多い苦労・悩みは?

小児科医の悩みにはほかの診療科目とは違った項目があります。たとえば、小児科医は子供たち相手に診療を実施します。大人であれば治療にあたって注意すべきこと、やってはいけないことを伝えれば、きちんと理解し守ってくれるでしょう。しかし子供の場合、いくら注意をしても言うことを聞いてくれない場合もあります。また子供の中には、治療を嫌がる、恐怖心を抱くケースもままあります。代表的なのは、注射を打とうとすると嫌がって抵抗するケースです。大人であれば、注射が苦手でも治療で必要であると認識すれば、我慢してくれます。しかし特に小さな子供で注射嫌いだと、注射を打たせてくれないこともままあります。

医者は患者からどのような不調があるのかを聞き、診察を進めます。大人の患者であれば、自分の症状をある程度詳しく正確に伝えてくれるので、話を聞いただけでだいたいどのような病気なのかのあたりをつけられます。しかし子供が患者の場合、自分の症状をうまく伝えられないこともままあります。ただ「痛い」といっているだけで、どこがどのように痛むのかを粘り強く聞き出さないといけないこともあります。このように大人の患者と比較すると、スムーズに診察の進まないことも少なくないです。子供の患者をいかにうまくさばくか、小児科医の頭の悩ませどころとも言えます。

小児科医の場合患者である子供のほかにも、親御さんを中心とした周辺の大人への対応というのも問題になります。親御さんなどは自分の子供の病気などを心配する気持ちはわかります。しかしそれが行き過ぎてしまうと、医者との間で軋轢をもたらすことがあります。たとえば病気にかかった子供がなかなか治らなかったとします。病気によっては長期の治療が不可避なケースもあるのですが、親御さんがそのことを理解してくれなくて「これだけ治療が長引いているのは医者の腕がないからだ」と思い込んで、衝突してしまう場合もあります。また治療するにあたって、注射などで子供たちにつらい思いをさせてしまうことも多少なりともあります。しかしこれを真に受けた親御さんの中には、「無理な治療をしている」と病院にクレームをつける場合もあるかもしれません。モンスターペアレントという言葉が広く定着しましたが、これは学校だけでなく医療機関でも起こりうることです。

このように患者やその家族との人間関係の構築で苦労している小児科医は多いです。しかしいったん人間関係を構築すれば、「子供が病気にかかったら何はともあれこの先生に相談しよう」という絶大な信頼を得ることもできます。

小児科の医師求人にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 小児科医の求人数 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 国内全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 国内全国
  • 小児科医の求人数
  • ★★★★★






Copyright (C) 2013-2017 小児科医求人ランキング【※好条件の求人を探す方法】 All Rights Reserved.