小児科医求人ランキング【※好条件の求人を探す方法】

小児科医求人TOP >> 小児科医の転職活動のFAQ >> 小児科医の研修は?

小児科医の研修は?

小児科医として一人前になるためには、研修を臨床現場で受ける必要があります。総合病院や大学病院を使って研修が実施されますが、初期と後期に分かれて研修プログラムを作成しているところが多いです。初期では小児科医としてどのような患者にも対応できるようにするため、幅広い現場に行って経験を積むことになります。指導医とともに患者の診察を行って、どのように子供たちとかかわりあえばいいかについて学習していきます。外来と入院病棟の両方の診察・治療にかかわることで、小児科医としての視野を広げていきます。小児科での研修が中心となりますが、内科や外科にも一定期間配属されて、経験を積むプログラムを導入している医療機関も多いです。

大学病院などの大規模医療機関となってくると、新生児専用の集中治療室であるNICUを設置しているところも多いです。このようなNICUにも研修期間中配属されることもままあります。NICUで研修を受けることで、新生児疾患や先天異常疾患の臨床の学習も受けられるでしょう。NICUなどのある病院で、幅広い小児科医療について勉強できる研修先を見つけるといいでしょう。

後期臨床研修の中で小児科医は、連携施設に配属される場合もあります。クリニックなどに派遣されて、担当医として子供たちの診療・治療を実施します。初期研修の中では指導医について勉強する側面が強いです。しかし後期研修になると、より実践的なプログラムになって、周辺の医者や看護師、患者も研修医ではなく一人の独立した小児科医という扱いを受けます。クリニックなどの担当医になることで、小児保健や新生児、感染症などの診療に携わることになるでしょう。救急病院に配属されるケースもあって、この場合小児の有給医療についてもスキルアップが望めるでしょう。

後期臨床研修では、幅広い領域についての実践的な学習が進められます。循環器や腎・泌尿器についての研修を受けられるような医療機関も見られます。子供たちの診療プログラムとして欠かせないのは、乳児健康診査や予防接種などもあります。こちらも研修カリキュラムの中に含まれると思っておきましょう。このように小児科医の研修では、子供たちの診療で考えられる領域ほとんどすべてをカバーしています。小児科医としてのキャリアパスを検討しているのであれば、小児科医の研修は最初の段階で受けておくといいでしょう。小児科は上で紹介したように幅広い診療科目を標榜しているので、実際にはほかの診療科目で医者としての仕事をする場合でも有益な時間を過ごせるはずです。

小児科の医師求人にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 小児科医の求人数 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 国内全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 国内全国
  • 小児科医の求人数
  • ★★★★★






Copyright (C) 2013-2017 小児科医求人ランキング【※好条件の求人を探す方法】 All Rights Reserved.