小児科医求人ランキング【※好条件の求人を探す方法】

小児科医求人TOP >> 小児科医の転職活動のFAQ >> 小児科医に多いストレスは?

小児科医に多いストレスは?

小児科医の患者さんは生まれたばかりの赤ちゃんも含めた子供です。大人と比べると子供は血管が細くて点滴や注射をするだけでも一苦労ですし、子供だと恐怖におびえて泣き叫んだりすることも珍しくないため、大人ならサッと済むような作業でも子供だと精神的にドッと疲れる大変な作業になってしまうことが珍しくありません。また、親が言い聞かせようとしてもまったくいうことを聞かない子供も多く、そうした患者さんの診察をしなければいけないことは、小児科医にとっては大きなストレスになることが多いようです。

他の診療科目と比べて同じ作業をするだけでも精神的な疲労やかかる時間が多いのに、医療診療報酬という点では患者さんが子供というだけで他の診療科目よりも低くなってしまうこともまた、小児科医にとっては大きなストレスとなるようです。勤務医の場合には、当直や宅直オンコールなどの時に普段よりも忙しくなってしまうことは多いですし、労働時間が他の診療科と比べて長くなりやすい事もまた、ストレスの原因と言えます。

患者さんが子供なので、コミュニケーションが取りづらい事もストレスとなります。大人なら、体調が悪かったり、わずかな変化でもコミュニケーションをとることで把握できることが多いのですが、小児科の場合には言葉を話せない赤ちゃんもいますし、医師のことを怖がって体調がよくなくても我慢してしまう患者さんもいます。コミュニケーションがうまくとれないことによって病態や症状が悪化してしまうと、それは小児科医にとっては大きなストレスとしてのしかかってくるようです。

また、小児科では患者さんは子供なので、患者さんに治療の説明を行うと同時に保護者に対しても同様の説明を行うこととなります。大人の患者さんなら何度も重複する必要がない作業でも小児科では必要な作業となるため、それに時間も費やされます。そして保護者の中にはモンスターペアレンツもいたりして、それが小児科医にとっては精神的な負担となってしまうことが多いようです。

どんな職業でもストレスはありますが、小児科医の場合には患者さんが子供ということで大人のようにはいかない治療やコミュニケーション、患者さんが子供なために発生する保護者との対応など、ほかの診療科目ではあまり見ることがないタイプのストレスが多くなっています。近年では小児科医が不足していると言われていますから、ぜひこうしたジレンマが良い方法で解決され、小児科医になりたいという人が増えることが多くの病院から求められています。

小児科の医師求人にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 小児科医の求人数 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 国内全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 国内全国
  • 小児科医の求人数
  • ★★★★★






Copyright (C) 2013-2017 小児科医求人ランキング【※好条件の求人を探す方法】 All Rights Reserved.