小児科医求人ランキング【※好条件の求人を探す方法】

小児科医求人TOP >> 小児科医の転職活動のFAQ >> 小児科医は不足している?

小児科医は不足している?

医師には外科や内科、皮膚科や耳鼻科などたくさんの専門分野があり、それぞれ専門的な知識と技術力を持つ医師が担当しています。それぞれの診療科目ごとに患者さんが抱えている疾患や特徴、ストレスや忙しさなどは大きく異なるわけですが、小児科医の場合には患者さんの年齢が「子供」という部分で共通しているとはいえ、大人だったら内科に行くはずの患者さんもいれば、大人なら外科に行ったであろう患者さんもいたりして、対応しなければいけない分野は多岐にわたるという特徴があります。また、大人なら血管がはっきり見えて点滴や注射はそれほど難しくない作業でも、子供だと血管そのものが細くて針が入らなかったり、痛みや恐怖におびえて泣き叫ぶ子供をなだめながら治療を行うなど、1つの作業をするのに膨大な時間と労力がかかってしまうのも小児科医が抱える問題の一つです。医師としての高い技術力が求められるのに加えて、患者さんが子供ということで精神的なストレスを多く抱えやすい事もあり、全国的に小児科医は不足しているようです。

小児科医が不足する原因は他にもあります。大人を治療する場合と比べると、小児科では医療報酬が低めに抑えられているため、小児科医は同じ数の患者さんを診察しても報酬という面では他の診療科よりも低くなってしまうことが多いようです。一人一人の患者さんを診察する時に必要な技術力や精神力が高いのに対して、受け取る報酬が低いのでは、小児科医に積極的になりたいという人が少なくなってしまっても仕方ないのかもしれません。

さらに小児科医不足に追い打ちをかけている要素があります。それが、少子化です。小児科医の患者さんは子供ですから、少子化で子供の数が少なくなると必然的に小児科医の患者数も少なくなってしまうということで、先行き不透明ということで小児科医ではない他の診療科目を志望する医師が増えています。

しかし、そうした小児科医不足とは反比例するように、全国の病院では小児科を設置する病院が増えています。子供でも内科や外科に行けばよいのではないかと考える人は多いのですが、子供は成長段階にあるため、治療方法を決める場合にも長期的にマイナスになる度合いが少ない治療法を選択しなければいけません。大人ならこの治療法が適切だけれど、子供だとこっちの治療法の方が良いということもあるので、全国的に小児科医のニーズは高まっています。小児科医が不足する昨今では、病院の中には高待遇で医師を呼んでくる病院なども多いようです。

小児科の医師求人にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 小児科医の求人数 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 国内全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 国内全国
  • 小児科医の求人数
  • ★★★★★






Copyright (C) 2013-2017 小児科医求人ランキング【※好条件の求人を探す方法】 All Rights Reserved.