小児科医求人ランキング【※好条件の求人を探す方法】

小児科医求人TOP >> 小児科医の転職活動のFAQ >> 小児科医のやりがいは?

小児科医のやりがいは?

医師不足が深刻化している昨今ですが、特に小児科医になりたい学生が少ないといわれています。小児科医だけでなく産科医や外科医も医師不足が叫ばれていますが、小児科医を希望する若い医者も存在しています。小児科学会では小児科医として活躍する医師に、小児科医のやりがいをアンケート調査した結果があります。やりがいとして1番多かったのは何よりも、子供たちの笑顔に接することができるでした。たしかに子供は大人の患者さんとは違って、注射を怖がって泣き叫んだりたいへんです。

しかしどんなに仕事に疲れていても辛くても子供たちの笑顔で、どれだけ助けられたか分からないと答えた小児科医がたくさんいます。またなかには新生児のときから訪れている子供たちも多く、そんな子供たちの成長の姿を見ることができると答えた医師もいました。さらに子供たちの無邪気な笑い声や振る舞いで、その場が明るい雰囲気に変わると感じている先生もいます。なかには小学校などで行う活動などで自分が社会貢献に参加していると、感じるからとやりがいを語ってくれた小児科医もいます。

また最近では女医の割合が約3割まで達していますが、小児科医に関しては4割前後と多いのが特徴です。そのため自身が子供を持っている場合も多く、医療の現場で子供の健康に関わることにやりがいを感じていると回答した女医もたくさんいます。もちろんその一方では小児科医のたいへんさを、唱える人もおおぜいいるのも事実です。小児科医のなかにも自分の子供には、小児科医になって欲しくないと思っている医師も少なくありません。子供のわがままな行動や保護者の態度に、あきれたり腹を立てることもあるかもしれません。

同じ医師でも小児科はたいへんだと思われているのも事実ですが、そのたいへんなことの多くは病院次第であったり人員の確保の問題がほとんです。言い換えれば当直がなかったりたとえ当直があっても十分な人員の確保ができていれば、小児科医の仕事にやりがいを感じている方がほとんどです。基本的にみんな子供が好きで、弱っている子供を助けるこの仕事にやりがいを感じています。問題は小児科医の仕事ではなく、小児科医を取り巻く環境に問題があるのです。

もしこのままだと安部政権が唱えるような女性が活躍できるような社会や、安心して子供を生むことなどあり得ません。むしろ今のままだと小児科医のやりがいを、奪っていると言ってもいいでしょう。政府や病院は早急に、小児科医を取り巻く過酷な環境を改善すべきです。

小児科の医師求人にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 小児科医の求人数 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 国内全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 国内全国
  • 小児科医の求人数
  • ★★★★★






Copyright (C) 2013-2017 小児科医求人ランキング【※好条件の求人を探す方法】 All Rights Reserved.