小児科医求人ランキング【※好条件の求人を探す方法】

小児科医求人TOP >> 小児科医の転職活動のFAQ >> 小児科医で多い退職理由は?

小児科医で多い退職理由は?

一度就職した病院に定年までずっと勤める医師もいますが、何らかの理由で転職する医師もたくさんいます。医師の仕事は思ったよりもハードなため、体力的にも精神的にもつらいと退職していく医師もいるのです。特に小児科医の離職率は高いと言われていて、ますます小児科医不足に陥っているのが現状です。離職する小児科医が多くなると、現在働いている小児科医の負担が増え、激務になってますます辞めていく人が多いでしょう。

小児科医はどういった理由で退職していくのでしょうか。一番多いのが、家庭や生活の事情です。小児科医は女性が多いため、結婚や出産を機に退職する人が多いです。また、結婚相手(夫)の転勤に伴い転居することになり、退職するという小児科医もいます。他に、今の勤務がとても過酷で拘束時間が長く、家族との時間が無いという理由で退職する医師は多いです。

大学病院に勤務している小児科医は、医局人事で数年ごとにある異動が嫌だ、大学病院での人間関係に疲れた、自分には合わないから辞めるという人もいます。給与や待遇に不満を持って退職する小児科医は、他の科の医師よりも多いようです。年収は30代の小児科医でだいたい1000万円を超えるので、同年代のサラリーマンよりもかなり多いです。しかし一日中働いているのではないかと思うくらいの勤務時間、オンコールなどで時間を問わず呼び出しがあるため気が抜けないなどで疲弊し、退職してしまいます。小児科の場合、患者は15歳以下の子どもなのでその保護者との関係も良いものにしなければならず、難しいと言われています。クレームが多いのも小児科で、やはり子どもを心配するあまり、親からのクレームが増えるのでその対応に疲れてしまった、精神的に参ってしまったために辞めることもあるようです。

ここまではマイナス面ばかりの退職理由ですが、さらにスキルアップするために留学するとか、小児科専門医取得のために退職するといった前向きな理由もあります。しかしながら、やはり土日も十分に休めない、拘束時間が長い、当直や当直明け後の長時間連続勤務による精神的な負担が辛いといった肉体的、精神的に厳しいことが、退職の大きな理由となっているようです。小児科医は不足気味なので求人はありますが、また同じことの繰り返しになるのではと不安に思い、思い切って転職することにも迷いを感じているという小児科医は多いと言えるでしょう。このような理由での転職は逃げていることになるのではと考え、踏み切れない人もいるようです。

小児科の医師求人にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 小児科医の求人数 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 国内全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 国内全国
  • 小児科医の求人数
  • ★★★★★





TOP

条件別の小児科医求人

小児科医の転職活動のFAQ

人気都市の小児科医の求人


Copyright (C) 2013-2017 小児科医求人ランキング【※好条件の求人を探す方法】 All Rights Reserved.