小児科医求人ランキング【※好条件の求人を探す方法】

小児科医求人TOP >> 小児科医の転職活動のFAQ >> 小児科医の募集は多い?

小児科医の募集は多い?

さまざまな診療科で医師不足が叫ばれていますが、小児科医の医師不足はより深刻です。特に地域医療における小児科医の不足はなかには、救急対応ができないほど急を要しているところもあるぐらいです。そのため地方の大学病院や民間の総合病院では、常に小児科医の募集を行っているところが多いのが現状です。近年では小児科の場合は他の診療科と比較すると女性医師の割合が多く、当直の回数や当直明けの連続勤務を避けるためにも常勤の小児科医の確保に必死です。

都市部の場合はそれでも非常勤の小児科医を確保してなんとかやりくりを行っていますが、地方都市のなかには小児科医の募集を行っても非常勤医師の確保さえできていない病院も存在します。そのため健全な勤務シフトを組むことが難しく、週の勤務時間が他の診療科と比べると多くなったり当直明けの連続勤務も日常化しています。小児科医の人数はけっして少ないわけではありませんが、都市部での勤務を希望する医師が多いためにどうしても都市部と地方都市の格差が目立ちます。

それだけに小児科医の募集は多くても常勤の小児科医がいない病院などで小児科部長や医長として、やっていくことへの精神的な負担は相当なものが有るため、結局はそういった募集のところは避け常勤医が何人かいる病院を選ぶ傾向があります。また小児科医の転職では新生児に関わる必要があるのかどうかや、小児科救急や小児病床の有無を確認をされるのが一般的です。この他にも当直の勤務体制や頻度や、当直明けの連続勤務の可能性などを尋ねられる小児科医がほとんどです。

さらに大学病院や総合病院の場合は産科があるかどうかで、新生児に関わる必要も違ってきます。さらに産科以外の他の診療科の医師との連携体制などもチェックキーポイントのひとつで、小児病床がある場合は夜間のオンコールの頻度なども気になるところです。また常勤の小児科医が少ない病院では、夜間の呼出の回数も大事なチェックキーポイントのひとつです。またお子さんがいる女性医師の場合には託児所の有無や、ワークシェアリングなどの制度の有無も気になります。

このように都市部や地方都市に限らず小児科医の募集は多いのですが、自分が希望するような条件の病院を探そうとすればおのずと限られてきます。そのため転職した後に後悔しないように、面接でしっかりと自分の希望を伝えることが大事です。転職のときは年収や当直の有無などは尋ねても、その他のことが確認されないことも少なくありません。そのような場合にはリクルートドクターズキャリアのような、医師に特化された転職サイトを利用されることをおすすします。転職サイトの専任の担当者が仕事の紹介だけでなく、これらの確認作業もすべて代わりに行ってくれます。

小児科の医師求人にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 小児科医の求人数 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 国内全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 国内全国
  • 小児科医の求人数
  • ★★★★★






Copyright (C) 2013-2017 小児科医求人ランキング【※好条件の求人を探す方法】 All Rights Reserved.