小児科医求人ランキング【※好条件の求人を探す方法】

小児科医求人TOP >> 小児科医の転職活動のFAQ >> 小児科医の資格は?

小児科医の資格は?

小児科医になるためには、医師免許が必要です。医師免許があれば、小児科医として活動することは可能です。小児科医になるためのルートですが、一般的には以下のような流れでなる人が多いです。まずは大学の医学部に進み、所定のカリキュラムを6年で完了します。すると医師国家試験の受験資格が発生するので、そこで合格すれば医師免許証を取得できます。医師免許証を取得すれば、今度は研修医としてどこかの大学病院などに入って2年間の研修を行います。もし小児科医として活躍していきたいと思っているのであれば、小児科の研修を受けるべきです。そして研修が終了すれば、小児科に入局して、本格的に小児科のキャリアを進みます。

小児科医としてずっと活動していきたいと思っているのであれば、小児科専門医の資格を取得するのもおすすめです。小児科専門医は、日本小児科学会というところが主催している専門医制度です。まずは日本小児科学会の会員となって、専門医になるための必要な研修を受けます。すると専門医試験の受験資格が得られます。試験に合格すれば、晴れて小児科専門医という上級資格を取得できます。ちなみに医師免許はいったん取得でいれば、一生涯その資格を利用できます。しかし小児科専門医は取得すればそれでおしまいではありません。5年ごとに更新をする必要があります。つまり常に一定レベル以上の技術を維持する必要があり、大変ではありますが小児科医としてステップアップしていきたいと思っているのであれば必要な資格であるといえます。

小児科専門医の資格を取得するためには、専門の研修を受ける必要があります。もし将来的には専門医の資格を取得したいと思っているのなら、研修施設として認定されている病院に入局することが大事です。どこが研修施設として認定されているか、日本小児科学会のホームページに記載されています。こちらの情報を参考にして、就職先を探してみましょう。

医師免許があれば、小児科医として活動はできます。しかし小児科専門医の資格を持っていると、小児科の世界でさらに活動しやすくなるのは事実です。医療の世界では広く知られた資格ですし、資格を持っていると小児科治療に対する信頼度も格段にアップします。将来自分の小児科クリニックを持ちたいと思っている人もいるでしょう。そのような人は小児科専門医の資格を取るのはメリットも大きいです。ホームページなどに「小児科専門医の運営するクリニック」とアピールでき、患者の引きも強くなるからです。

小児科の医師求人にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 小児科医の求人数 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 国内全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 国内全国
  • 小児科医の求人数
  • ★★★★★






Copyright (C) 2013-2017 小児科医求人ランキング【※好条件の求人を探す方法】 All Rights Reserved.