小児科医求人ランキング【※好条件の求人を探す方法】

小児科医求人TOP >> 小児科医の転職活動のFAQ >> 小児科医の開業医と勤務医の比較は?

小児科医の開業医と勤務医の比較は?

小児科医は、病院に雇用されて勤務医として働く方法もあれば、開業医として自分でクリニックを開院して働く方法もあります。勤務医の場合には、自分以外にたくさんの先輩医師がいるので、知識を学んで技術力をつける際には開業医と比べて大きなメリットがありますし、患者の数に関係なく雇用の際に契約した給料を受け取ることができるので、安定という面でも大きなメリットがあります。しかし、勤務医はどれほど実力をつけても病院に雇用されている職員なので、病院の経営方針によって意図に反する職務をこなさなければいけないこともあります。また、経験を積むことで最終的には病院の経営者的な役職に就くことも可能ですが、ポジションの数に限りがあるため、その争いに勝ち残れないとずっと臨床医として定年まで全うすることになります。さらに、勤務医は病院が決めた定年退職の年齢に達すれば、自動的に定年となるので、まだまだ元気だから働き続けたいと思ってもそれはできません。

一方、開業医は、そうした雇用関係や役職争いと言ったしがらみを感じる必要がなく、自分が開業するクリニックの経営から患者対応まですべてをこなすことになります。軌道に乗れば大きなやりがいを感じることができますが、患者がいなければ当然、利益を出すことができないわけで、経済面で安定していない点が開業医のデメリットと言えるでしょう。また、開業医の場合には複数の先輩医師が指導してくれるわけではないので、わからないことがあると全て自分の自己責任で調べなければいけません。そのため、医師免許を取ったばかりの小児科医にとっては、いきなり開業医になることはハードルが高すぎると言えます。一般的には、親が開業医なら親の定年に合わせて継ぐことが多いようですが、それ以外の場合にはある程度勤務医としてキャリアを積んだり資金を貯めながら、病院内の役職争いで勝ち残れなかったらそのタイミングで開業するという人が多いようです。

小児科医として働く場合、まず最初に経験するのは勤務医ではないでしょうか。勤務医の仕事は多忙を極める環境が多く、自宅に帰ることもままならないほど忙しいことも珍しくありませんが、そうした環境の中でたくさんの症例を経験しながら医師としての知識を学び、実力をつけることができます。開業するかしないかは、小児科医としてのキャリアが安定して資金力も出てきてから決断することなのかもしれません。

小児科の医師求人にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 小児科医の求人数 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 国内全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 国内全国
  • 小児科医の求人数
  • ★★★★★






Copyright (C) 2013-2017 小児科医求人ランキング【※好条件の求人を探す方法】 All Rights Reserved.