小児科医求人ランキング【※好条件の求人を探す方法】

小児科医求人TOP >> 小児科医の転職活動のFAQ >> 小児科医の志望理由は?

小児科医の志望理由は?

そもそも数多くある職業のなかで医師を選らんだ理由ですが、その理由は一人ひとり違った理由を持っていると思います。たとえば親が開業医なので親の病院を継ぐために、親を期待を背負って医師になった方もいるでしょう。また自分が病気など幼い頃の経験で、医師の姿を見て感銘を受けたりして医師になることを決意した人もいるかもしれません。なかにはセンター試験で成績が良かったらとか、医師は年収が高い職業だからとかの理由で医学部を受験する学生もいるかもしれません。

小児科医の志望理由も同じようなもので、ただ子供が好きだから小児科医になったとか意外と多いのです。またなかには子どもの頃に難病に掛かり、それがきっかけで医師に憧れを持ち医師になろうと決めた方もいます。ただ医学部の学生で診療科をまだ明確に決めていない場合も多いのですが、小児科にはなりたくないと答えている学生は約7割もいます。他の診療科に関しては産科も学生には人気がなく、両方の診療科に共通するキーワードは「少子化」です。

多くの学生はまだ自分の進路を決めていなくて、普通は初期研修医のときにだいたい自分の専門を決めます。それだけにその前の時点で小児科にはなりたくないと、考えている学生がこれだけ多いことのほうが問題です。日本は少子高齢化が世界のなかでも最も早いスピードで進んでいて、このままでは子供の数がどんどん減っていきます。これが医学生が小児科医を志望しない1番大きな理由で、小児科医になっても患者が少なければ病院の経営も成り立ちません。

また小児科と産科は裁判に訴えられる確率が、高いことも人気がない理由のひとつです。小児科には新生児や乳児の重症患者が急患で運ばれた場合の死亡率は大人と比較すると高く、さらにどんなに最善を尽くしても親が訴えられるケースが絶えません。さらに24時間で急患の患者を受け入れていれば、小児科のたいへんさを多くの医学生が知っていることも小児科医のなり手が少ない理由です。これに追い討ちを掛けているのが小児の医療費の無料化と、モンスターペアレントの存在です。

多くの市町村では小学校に入学するまでの小児の医療費を無料にしたり軽減していて、昔の高齢者の場合と同じように無料であれば利用しないと損するような感覚で病院に子供を連れてくる親もなかにはいます。さらに小児科医を悩ますのは子供ではなく、その親でその対応ができないと小児科医は勤まらないともいわれています。ただそれでも女医が多い小児科医は自分も子供を持つことで、親の気持ちや子供への愛情が芽生えるからです。たしかに小児科医はたいへんかもしれませんが、子供は未来を担う私たちの宝物です。

小児科の医師求人にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 小児科医の求人数 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 国内全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 国内全国
  • 小児科医の求人数
  • ★★★★★






Copyright (C) 2013-2017 小児科医求人ランキング【※好条件の求人を探す方法】 All Rights Reserved.