小児科医求人ランキング【※好条件の求人を探す方法】

小児科医求人TOP >> 小児科医の転職活動のFAQ >> 小児科医になるには?

小児科医になるには?

小児科医になるためには、まずは医学部が設置されている大学で学び、その後に国家試験を受験して合格し、医師免許を取得することになります。医学部が設置されている大学には国立大学から公立、私立など様々で、全国の都道府県に設置されているので、医学部を目指したいけれど遠方すぎて通えないということは少ないようです。一般的な大学は4年間で卒業となりますが、医学部の場合には6年制になっているため、卒業までに6年間の年月がかかります。また、医学部を卒業すれば必ず医師になれるというわけではないため、在学中は国家試験に向けてコツコツと勉強に励む毎日となります。

大学でしっかり勉強した後は、医師免許を取得するための国家試験を受験します。受験は年に1度のみ行われていて、毎年2月に行われています。合格率は9割と高いのですが、合格率100%ではなく90%ということは、1割の受験者は不合格になるということです。合格する90%に入れるように、在学中はアルバイトもせずに必死に勉強する学生がほとんどと言われています。

医師免許を取得する時には、どの診療科を専門とするかはまだ決まっていません。新米医師として病院に就職したあと、2年間研修医としていろいろな研修を受けながら自分のやりたい診療科目や志望を見つけていくことになります。小児科医として働きたい場合には、この研修医時代に小児科を希望してたくさんの知識や技術を学びながら、毎日少しずつ小児科医として成長することになります。

医師免許は、医師という資格を証明するもので、特定の診療科目ごとに区分されているわけではありません。そのため、研修医の頃には内科を目指していたけれど後から小児科医への転科を希望する人もいますし、小児科医として働いていたけれど外科への転科を希望する医師もいます。特に小児科医は、患者さんが子供という共通点はあっても、内科疾患もあれば外科疾患もあったりするわけで、外科のみ、内科のみを行う医師と比べると求められる知識量や技術量は多くなります。そのため、外科から小児科医、内科から小児科医へ転科してもまったく異なる分野というわけではなく、それまでの知識や経験を活かしながら小児科医としてキャリアを磨けるのです。

小児科医の患者さんは「子供」です。全国どこにも子供はいますから、医師というニーズがなくなる心配がない診療科目と言えるでしょう。地方都市や田舎など小児科医が不足している地域では高待遇で医師求人が出されることもあります。

小児科の医師求人にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 小児科医の求人数 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 国内全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 国内全国
  • 小児科医の求人数
  • ★★★★★






Copyright (C) 2013-2017 小児科医求人ランキング【※好条件の求人を探す方法】 All Rights Reserved.