小児科医求人ランキング【※好条件の求人を探す方法】

小児科医求人TOP >> 小児科医の転職活動のFAQ >> 小児科医の休み事情は?

小児科医の休み事情は?

小児科医は激務になりがちなところがありますので、あらかじめ注意しておきましょう。現在日本全国で小児科医の人数の不足している状況が続いています。このため、小児科医一人にかかる負担がどうしても大きくなります。ただし医療機関によっては、しっかりと休日を確保しているところも見られます。給料や勤務時間、休日など総合的にみて、どこで仕事をするのが自分にとってベストなのかを考えていきましょう。

小児科医でも病院勤務している人もいれば、クリニック勤務している医者もいます。病院勤務の場合、小児病棟のある医療機関も多いでしょう。そうなると定期的に夜勤業務を担当する形になります。ローテーションで回していきますので、毎週決まった曜日が休日になるとは限りません。土日祝日が休みになるような、カレンダー通りの休日はあまり期待しない方がいいでしょう。また救急病院の場合、当直制をとっているところも見られます。小児科医によってまちまちですが、だいたい当直は月に4回くらいが平均となるようです。

小児科医の休日は、年間で見た場合若干違ってくる傾向も見られます。特に冬場になると、休日の数が少なくなりがちです。というのも冬場になると、インフルエンザやノロウィルスのような感染症の流行することが多いからです。小さな子供の場合、まだ免疫システムが大人ほど完備されているわけではないです。このため、感染症にかかりやすいです。しかも学校に通っていて、生徒一人が感染すると教室という限られたスペースの中でどんどん感染してしまって、学級閉鎖や学年閉鎖という事態も想定できます。こうなると多くの子供の患者が小児科を訪れますので、休日返上で医者も対応しなければならないこともあり得ます。

一方クリニックで勤務する小児科医の場合、ここまで厳しい環境で仕事をすることはないでしょう。クリニックの場合、まず病棟を持っていないところが多いです。このため、夜勤を担当することはないです。多少冬場の先ほど紹介した感染症が流行する時期には診療時間を延ばすこともあるかもしれません。しかしほぼ定時に仕事は終わるでしょう。休日はクリニックがどのようなスケジュールで仕事をしているか違いがあります。しかしそれでも週休2日制で、日曜祝日ともう一つ別の曜日を休診日にしているところが多いです。土曜日は勤務しなければならないかもしれません。しかし土曜日診察しているところも半日だけとしているクリニックも多く、昼頃には帰宅できるでしょう。

小児科の医師求人にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 小児科医の求人数 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 国内全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 国内全国
  • 小児科医の求人数
  • ★★★★★






Copyright (C) 2013-2017 小児科医求人ランキング【※好条件の求人を探す方法】 All Rights Reserved.