小児科医求人ランキング【※好条件の求人を探す方法】

小児科医求人TOP >> 小児科医の転職活動のFAQ >> 小児科医は激務?

小児科医は激務?

小児科医も当直がなければ比較的、ラクな診療科だといっても過言ではありません。むしろ風邪やインフルエンザが流行る、冬のシーズンでなければ忙しい時間も限られています。当直があっても常勤の医師がじゅうぶんに揃っている病院に勤務していれば、救命救急センターで働く医師よりもはるかにラクです。ただどんな診療科であっても同じことがいえますが常勤の医師が不足している、病院に勤務していれば仕事は激務になるのは当たり前のはなしです。

他の診療科や病院でも同じですが激務で常勤の医師が集まらなければ、後に残った医師にその分の負担が掛かってきます。どんなに人を救うのが医師の使命でも、精神的にも肉体的にも限界はあります。最近は外食産業やIT産業などで残業が続きうつになったり、過労死する従業員が絶えません。そのためブラック企業という言葉まで登場しブラック企業ランキングや、ブラック企業大賞まで公表されています。実際に月に20日間の勤務で1日に平均4時間の残業をすれば、残業時間が月に80時間に達し過労死ラインと呼ばれる危険な状態になります。

過労死ラインは厚生労働省が負傷に起因するものを除く脳血管疾患や虚血性心疾患等の認定基準について、発症する事前に1ヶ月間に約100時間を超える残業や発症前2ヶ月間ないし6ヶ月間の期間1か月当たり80時間を超える残業を行っている場合は危険だと通達しています。この基準からも分かるように小児科医が月に80時間を超える残業を行っている場合は、ただ単に激務と呼ぶのではなく命の危険さえあるということです。

さらに厚生労働省の過労死ラインでは通達されていませんが、小児科医が少ない病院では約7割の医師が当直明けもそのまま勤務に就いています。半日の場合もありますがなかには翌日も、通常勤務を行っている医師もいます。まさに命を削るような勤務で、人の命を助ける医師が行うべき行為ではありません。責任感や使命感が強い医師ほど、命を削るような行為を行っています。医療行為を経営効率で図るべきではありませんが、小児科医が確保できない病院では今どんどん小児科を切り捨てています。

もしご自分が勤務している病院で過労死ラインを超えるような、残業を行っているのであれば1度転職することも考えるべきかもしれません。命を削ってまで、続けるような仕事などこの世には存在しません。もし転職をするのであればリクルートドクターズキャリアのような、医師に特化された転職エージェントを利用されることをおすすします。転職エージェントの専任の担当者が、もっといい病院を探してくれることでしょう。

小児科の医師求人にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 小児科医の求人数 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 国内全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 国内全国
  • 小児科医の求人数
  • ★★★★★






Copyright (C) 2013-2017 小児科医求人ランキング【※好条件の求人を探す方法】 All Rights Reserved.