小児科医求人ランキング【※好条件の求人を探す方法】

小児科医求人TOP >> 小児科医の転職活動のFAQ >> 小児科医が海外で働くには?

小児科医が海外で働くには?

最近は海外で働きたい、また海外で働いているという人が増えてきました。医師の世界でも海外で医師として働きたいと希望する人が増えています。海外で小児科医の求人が出ることはあるのですが、希望者が多いためすぐに決まってしまうという状態です。海外でよく出る求人は、在留邦人を対象にしたクリニックです。海外駐在のサラリーマン家族が主な患者で、子どもさんも一緒にいる家庭が多いので小児科医は喜ばれます。とにかく海外で働きたいと海外へ行ったのは良いが、現地に馴染めずにすぐに辞めてしまったという例がありますので、十分な情報収集と現地に馴染めるかどうかを検討して、しっかり準備をすることが大切です。

海外で医師として働く時、日本の医師免許が通用しないところがありますので注意しましょう。日本の医師免許と簡易な手続きで医師として働ける国(中国、UAE、ベトナム、シンガポールなど)はありますが、日本の医師免許だけで通用するところはありません。また、海外での仕事を希望する日本人が増えたために、なかなかそのポストに空きが出ないので求人も少なくなっています。しかし、全く無いというわけではないので、語学の学習をしておくなど準備を整えておきましょう。

海外で医師をするには、原則としてその国の医師免許が求められます。取得の方法は2つあって、まずは日本で医師免許を得てから現地で臨床研修と試験をする方法です。すでに医師免許を持っているなら、臨床研修で海外の医師免許取得を目指します。もう1つは、研究留学で海外に行くことです。臨床研修ができる国は様々あるのですが、代表的な国はアメリカになります。アメリカでは医師免許は州ごとに発行されるので、州で試験と資格審査を行い、合格すればその地域で通用する医師になります。アメリカの医師免許は更新制で、更新の時は講習を受けます。そして、外国人医師が医師免許を取るには、1〜2年の臨床研修が必要になります。ただし、臨床研修を受けるために試験を受けて合格しなければなりません。研究留学で海外に行く方法もあり、これは試験がありません。海外に留学してスキルアップを目指す小児科医は多いです。留学先を自分で探すのは大変なことなので、留学支援をしている病院に転職するとスムーズに留学ができ、海外で働きながら学ぶことができます。病院内の医師が留学して実力を付け、また病院に戻ってくるのは、病院にとってもメリットになるのです。

小児科の医師求人にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 小児科医の求人数 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 国内全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 国内全国
  • 小児科医の求人数
  • ★★★★★





TOP

条件別の小児科医求人

小児科医の転職活動のFAQ

人気都市の小児科医の求人


Copyright (C) 2013-2017 小児科医求人ランキング【※好条件の求人を探す方法】 All Rights Reserved.