小児科医求人ランキング【※好条件の求人を探す方法】

小児科医求人TOP >> 小児科医の転職活動のFAQ >> 小児科医へのクレームは?

小児科医へのクレームは?

最近は医師が患者からクレームを受けることが増えてきたと言われています。「クレーマー」と言われる人が増えてきており、理不尽なことを言われて精神的に参ってしまう医師や看護師も多いのです。小児科は特にクレームが多い診療科だとも言われ、こういった話から小児科医を避ける医師もいるほどです。なぜ小児科にクレームが多いのかというと、保護者はやはり子どものことが心配で、不安に感じているから医師に詰め寄るのではないか、と考えられます。小児科は、家族への対応が必ずついてくるものであり、最も重要なこととも言えます。忙しい時にクレームがあると勘弁して欲しい、と思うものですが、きちんと対応することが大切です。

小児科でよくあるクレームは、「子どもの病状が全然良くなっていない」というものです。病気によっては回復までに時間がかかるものや、子どもの体力の差などですぐに良くならないことがあります。この時、親は「医師に診てもらったのだからすぐに良くなるはず」と思っているものですから、良くならないと「きちんと診ていないのではないか」と思い、クレームへと繋がります。小児科医は、同じような症例を何度も見ているので治療法についてもよく分かっているかもしれませんが、親にとっては初めてのことで動揺しているのです。こういった場合は親にきちんと病気のことについて説明することで解決します。親は子どもが泣いていたりぐったりしていると、心配で不安になります。どんな病気でどうやって治療し、どれくらいで回復するかを丁寧に説明してあげるようにしましょう。

小児科医は、患者である子どもよりも、その親とコミュニケーションを取ることが大切です。親は子どもの病状について聞きたいこともたくさんあるでしょうし、質問もされるでしょう。そんな時に説明が丁寧でなかったり、面倒くさそうに対応することは止めましょう。その他にあるクレームは、「自分の子どもの方が重病だから診察の順番を変えろ」とか「いつまで待たせるのだ」というようなものですが、これらについてはまず謝らなければならないことは謝り、そして希望を受け入れることは出来ることと出機内ことがあると、説明できるようにしておきましょう。小児科医は、特に患者とその家族の気持ちを理解してあげることが大切です。子どもが好きだからという理由だけで小児科医を選ぶと、患者とその家族の関係をうまく築けずに、精神面で苦労をすることがあるかもしれません。

小児科の医師求人にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 小児科医の求人数 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 国内全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 国内全国
  • 小児科医の求人数
  • ★★★★★





TOP

条件別の小児科医求人

小児科医の転職活動のFAQ

人気都市の小児科医の求人


Copyright (C) 2013-2017 小児科医求人ランキング【※好条件の求人を探す方法】 All Rights Reserved.