小児科医求人ランキング【※好条件の求人を探す方法】

小児科医求人TOP >> 小児科医の転職活動のFAQ >> 小児科医の転職のコツは?

小児科医の転職のコツは?

小児科医が転職を決意する理由ですが大きく2つあり、ひとつは過酷な労働環境と年収など待遇の問題です。他の診療科でも入院患者がいたり、24時間体制で受け入れを行っている病院に勤務していれば当然ですが日直があります。ただ小児科で日直がある場合でも必要な常勤の小児科医を確保できないところも多く、そうなるとその負担が働いている小児科医の肩にかかってきます。24時間体制で小児患者の受け入れを行っている緊急病院などだと、最低でも8人の小児科医がいないとローテーションができません。

そのため病院側が小児科医の求人をしても採用できなければ、日直明けもそのまま普通の勤務が待っています。半日でもきついですがもしまるまる1日の勤務を、しないといけないのであれば誰だって「転職」の二文字が頭を過ぎっても不思議ではありません。それと1ヶ月だけとかある程度分かっていればまだしも、これが何時まで続くか分からない場合には限界があります。一人が辞めれば自分にその負担がかかってくるという、悪循環がいつまでも続くことになります。

一般企業の場合でもそうですが過労死が最も多いのは、20代や30代の若い世代なのです。若いと自分の限界を過信して頑張り過ぎるからで、知らないうちに精神的にも肉体的にも限界を超えてしまいがちです。しかし本当は若い医師ほど自分の時間が欲しいのですが、過酷な勤務を強いられ転職して他の診療科に変わる医師も少なくありません。いろいろな診療科を経験することは自分にとっても大きな財産になるので、それはそれでいいことかもしれません。

ただ若い小児科医に限らず限界を超えるような勤務をしている場合には、転職することを視野に入れるべきです。自ら命を絶った44歳の小児科医のニュースを目にされた方も多いと思いますが、真面目なタイプの医師ほど追い詰められものです。他の職種であれば35歳を過ぎれば転職もかなり難しくなってきますが、医師の場合は幸いにも転職が比較的に容易です。その点では医師の求人は多く、転職もそれほど難しくありません。小児科医の転職のコツですが、転職の目的をはっきりさせることです。

もし日直がない病院に転職したいと思っているのか、日直があってもローテーションがちゃんと守られている病院であれば構わないのかなどです。また日直がないときでも緊急の呼び出しがあるのか、それともないのかなども知る必要があります。重症の新生児や乳児患者を、受け入れているかどうかも重要なポイントになります。転職する前に自分の希望や条件などを、すべて書き出すといいかもしれません。転職方法もいろいろありますがリクルートドクターズキャリアのような、医師に特化された転職エージェントで見つけるのが最も確実です。専任の担当者が忙しい小児科医に代わって、希望される条件で転職先を探してくれます。

小児科の医師求人にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 小児科医の求人数 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 国内全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 国内全国
  • 小児科医の求人数
  • ★★★★★






Copyright (C) 2013-2017 小児科医求人ランキング【※好条件の求人を探す方法】 All Rights Reserved.