小児科医求人ランキング【※好条件の求人を探す方法】

小児科医求人TOP >> 小児科医の転職活動のFAQ >> 小児科医への転科は?

小児科医への転科は?

ほかの診療科目で医者の仕事をしてきた人が小児科に転科するのは、結構珍しいことといえます。逆に言えば、ほかの診療科目でキャリアを積んできた人が小児科に転科するチャンスは応募者が少ない分十分あるとも解釈できます。なぜ小児科への転科を希望する人が少ないかですが、リスクが伴うからでしょう。

それまで大人相手に診療してきた医者にとって、子供の患者は不安定で扱いにくいというイメージを抱く人が多いです。子供の場合、まだ大人のように体が出来上がっていないケースが多いです。このため、治療をしたところ大人の時には考えられないような予期せぬ容体になってしまうこともままあります。また家族との軋轢が起きることを懸念することも理由の一つです。素人の家族の場合、医者にお願いすれば何でも治してくれると思いがちなところがあります。ところが子供の症状がなかなか改善しないようであれば、それが医者に問題がなかったとしても不信感につながってしまいます。このような家族との信頼関係を構築するのが大変そうだから、小児科医に興味があっても実際に一歩踏み出すのには躊躇してしまう人も多いようです。

小児科への転科を躊躇してしまう理由として、もう一つ守備範囲の広さも関係しています。小児科は子供の患者の診察をする診療科目で、事実上子供のための総合診療科という趣があります。内科や外科、眼科、耳鼻科などのように色々な疾患を抱えた患者がやってきます。よって幅広い知識・スキルを身に着けている必要があるのです。特定の領域の医者としてずっと活動してきた医者にとって「自分に果たして務まるのか?」と不安を抱くのも無理はありません。

もしそれでも小児科医として今後キャリアチェンジしていきたいと思っているのであれば、まずは小児科の実態をしっかり理解しておくことが求められます。小児科医になるためには、子供が好きなことは必須の条件といえます。しかし一方で、子供が好きであれば小児科医になれるほど単純な話でもありません。小児科医に関して誤った思い込みを持っていて、そのイメージのまま転科するとギャップに苦しむことにもなりかねません。そこで小児科についてまずは詳しくなることが優先です。小児科は日本全国的に、慢性的に医師不足の状況が続いています。その意味では、求人情報は多いですし、小児科未経験者でも応募可能な案件も結構あります。ですからあわてずに、まずは小児科という診療科目を理解するところから始めてみるのはいかがですか?

小児科の医師求人にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 小児科医の求人数 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 国内全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 国内全国
  • 小児科医の求人数
  • ★★★★★






Copyright (C) 2013-2017 小児科医求人ランキング【※好条件の求人を探す方法】 All Rights Reserved.