小児科医求人ランキング【※好条件の求人を探す方法】

小児科医求人TOP >> 小児科医の転職活動のFAQ >> 小児科医は忙しい?

小児科医は忙しい?

「小児科医は忙しいですか?」と尋ねられたら、「YES」とも「NO」とも答えることができます。同じ医師でもたとえば内科医や耳鼻科医などは忙しいかと尋ねられたら、ほとんどの医師がそうでもないと答えるでしょう。しかし外科やその他の診療科では、忙しいと答える医師のほうが多いでしょう。ただそれも病院と当直のあるなしで、忙しさもずいぶんと違ってきます。また小児科医は他の診療科とは違い当直も、新生児や未熟児がいつ運び込まれてくるか分からず緊張がなくなることはありません。さらに夜間のオンコールも、他の診療科と比べると多いといえます。

また多くの都道府県や市町村で小児の治療の無料化を実施していることも、小児科医の忙しさに輪をかけています。それと大人であれば多少のことであれば病院が開いてから訪れますが、いざ自分の子供のことになるとほとんどの親が時間に関係なく病院に連れてきます。もちろん一晩に重症の新生児が何人か運び込まれてくることもあり、そんな場合は救命救急センターのような様相になります。また予防接種を行っていればインフルエンザが大流行すれば、ワクチンの確保からやることが多く忙しさも普段の倍以上になります。

さらに当直がある病院でも常勤医が少ない場合は忙しさも格別で、当直明けの連続勤務も日常化しているところがたくさんあります。求人を出してもなかなか小児科医が集まらない病院では常勤医の週の平均勤務時間を、はるかにオーバーしている小児科医などは特に珍しいことではありません。このような状況は都市部も地方もさほど変わりはなく都市部の場合は病院はたくさんあっても人口も多く、地方は夜間診療している病院が減っているため患者が絶えません。都市部では子供救急センターがある公立の子供病院も多いのですが、地方都市の場合は難病の子供を受け入れるところが少ないためどうしても集中します。

常勤医の小児科医の確保が難しく小児科を廃止したり、止める病院も年々増えています。また当直がない病院やクリニックなどは少子化もあり患者が訪れるのも保育園や学校が終わってからが多く、仕事自体は楽かもしれませんが経営が成り立ちません。そのため小児科医の場合は他の診療科と比べると、病院や当直の有無で忙しさが随分と異なってきます。もしあまり無理をしたくない場合などは転職をするときに、リクルートドクターズキャリアのような医師に特化された転職エージェントを利用されることをおすすします。転職エージェントの担当者に希望されるような、条件を伝えるとすべて代わりに行ってくれます。

小児科の医師求人にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 小児科医の求人数 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 国内全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 国内全国
  • 小児科医の求人数
  • ★★★★★






Copyright (C) 2013-2017 小児科医求人ランキング【※好条件の求人を探す方法】 All Rights Reserved.