小児科医求人ランキング【※好条件の求人を探す方法】

小児科医求人TOP >> 小児科医の転職活動のFAQ >> 小児科医の適性(向き・不向き)は?

小児科医の適性(向き・不向き)は?

小児科医向きの人として欠かせないのが、子供が好きであることでしょう。小児科を訪れる子供たちは、病気やけがをしてつらい思いをしている人ばかりです。そのような人を相手にしますので、普通の子供と比較してより一層手間もかかります。しかも治療の一環として、けがをしているところに消毒液を塗るとか、注射・点滴をすることもままあります。そのような時には子供が泣きじゃくったり、嫌がったりすることも往々にしてあります。そのような時でも決してイライラすることなく治療を続けるには、子供のことが好きという気持ちが根底にないと難しいでしょう。寛容な気持ちの持ち主で、忍耐深く粘り強く物事を進めていこうとする人に向いている職業です。

小児科医向きのキャラクターとして、もともと世話好きな人というのも挙げられるでしょう。子供の患者は大人と比較して、基本的に手間がかかります。またちょっとしたことでも容体が急変する恐れがありますので、ちょっとしたサイン・兆候にも敏感に気づける人の方が好ましいでしょう。子供たちの場合、自分の気分や体調について大人のようにうまく表現できないことも多いです。余計な気遣いができるくらいの人のほうが向いているといえます。

またさばけている、気持ちの切り替えの早い人のほうが小児科医には向いているといえます。先ほども紹介したように、注射や点滴などをする時に泣きわめくとか暴れる子供も少なくありません。また親御さんは自分の子供が病気になれば心配になるのはわかります。しかし中にはそれが行き過ぎてしまって、理不尽なクレームを言ってくることもあります。このようなことに対していちいち落ち込んだり、イライラしたりしているととてもではないですが小児科医の仕事は務まらないでしょう。また子供の中には重病を抱えていて、体にいくつものチューブをつなげている患者に出会うこともあるでしょう。「子供なのになぜこのようなつらい目に合わなければならないのか?」と思っていると精神的につらいです。そうではなく、次から次へと切り替えの出来る、ある意味割り切った性格の人でないと小児科医の仕事は続けられないでしょう。

小児科医を見てみると、ほかの診療科目と比較して、女性医師の割合が高いといえます。女性には多かれ少なかれ、母性本能というものが宿っているといわれています。もともと子供の世話をするのが好きなのかもしれません。このような女性の本能が子供の診療をするのに向いているので、女性医師の割合がほかと比較して高い可能性もあります。

小児科の医師求人にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 小児科医の求人数 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 国内全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 国内全国
  • 小児科医の求人数
  • ★★★★★






Copyright (C) 2013-2017 小児科医求人ランキング【※好条件の求人を探す方法】 All Rights Reserved.