小児科医求人ランキング【※好条件の求人を探す方法】

小児科医求人TOP >> 小児科医の転職活動のFAQ >> 小児科医の定年後は?

小児科医の定年後は?

小児科医をはじめ、医師には定年があって無いようなものです。どこかの病院に勤務医として働いているのであれば、定年はありますが、小児科を開業しているとか、フリーの医師をしているという場合は定年はありません。体力が続く限り、小児科医を続けることができます。医師にはいろんな働き方がありますが、その働き方それぞれの定年後はどうなっているのでしょうか。

医師の働き方には、常勤、非常勤、開業医とあります。常勤医師は民間の病院か、公務員であるかによって定年の内容が違います。国立病院や公立病院に勤務する場合は公務員扱いになり、基本的に65歳で定年を迎え、退職します。民間病院の場合は、定年の規定が病院によってまちまちです。定年規定があるのならその年齢になれば退職というのが一般的ですが、医師不足が深刻ですから、定年を延長したりそのまま非常勤医師として働き続けることができます。

フリーランスの医師をしている場合は特に定年は決まっていませんから、本人が希望すればいつまでも働くことができます。働く場所があって、自分の体力も十分あるのなら何歳まででも働けるのです。開業医の場合も同じで、定年はありません。最近では70歳を超えても働く医師も多いです。もし開業医として診察を続けていくのが厳しくなった場合は、医師を雇い、自分は経営する側になるということもあります。

日本の場合、医師免許を取得すればそれは一生使えます。有効期限などはありませんから、いくつになっても医師としていられるのです。定年とされる年齢まで小児科医として働いてきたけれど、体力だけでなく視力なども衰えてきたので若い頃のように働けなくなったら、小児科とは全く別の分野で働く人もいます。例えば企業の医務室で働く産業医や健康診断を専門に行う健康診断医、介護老人保健施設で入所者の健康をチェックしたり、リハビリの指示を看護師や職員にする仕事です。こういった施設は、比較的年配の医師が多いので、定年後の勤務先として選ぶ医師は多いです。医師の資格を持っていると、定年後であっても再就職はしやすいです。生涯医師として働き続けるのか、それとも定年後のセカンドライフを充実させるために完全にリタイアするのか、定年前から考えておくようにしましょう。小児科医の場合、激務ですから定年後はゆっくりしたいと考えている人が多いようです。どちらにしても、よく考えて決めるようにしましょう。

小児科の医師求人にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 小児科医の求人数 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 国内全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 国内全国
  • 小児科医の求人数
  • ★★★★★





TOP

条件別の小児科医求人

小児科医の転職活動のFAQ

人気都市の小児科医の求人


Copyright (C) 2013-2017 小児科医求人ランキング【※好条件の求人を探す方法】 All Rights Reserved.