小児科医求人ランキング【※好条件の求人を探す方法】

小児科医求人TOP >> 小児科医の転職活動のFAQ >> 小児科医の採用基準は?

小児科医の採用基準は?

小児科医の患者さんは「子供」です。生まれたばかりの赤ちゃんもいれば、成人していない高校生ぐらいの子供も全て小児科が管轄となる患者さんとなります。そうした患者さんを診察する小児科医にもとめられる素質はたくさんありますが、どんな場合でも「子供が大好き」ということは大前提です。子供があまり好きではない人が小児科医を選んでも、毎日の職務の中で好きではない子供のみを相手に診察しなければいけないので、かならず精神的なストレスの原因になってしまいます。子供があまり好きではない人は小児科医としては向いていません。

小児科医は全国的に不足しているため、一人の医師が担当する患者さんの数は増加傾向にあり、そのため病院勤務の勤務医でも開業している開業医でも毎日多忙を極めることが多いようです。小児科医として働くなら、そうした多忙を極める職場環境でも、常に子供を安心させられるような診察ができることが求められます。自分自身、仕事と家庭、育児を両立させていてとても疲れているからと言って不機嫌な表情で患者さんに接してしまうと、患者さんに不安を与えてしまいます。小児科の患者さんは子供なので、そうした大人の事情などは理解していませんし、医師の対応や表情、声のトーンなどでも不安に感じたり恐怖におびえてしまいます。小児科医の採用基準には、どんな状況でも常に患者さんを安心させられる診察や対応ができる事があります。

また、小児科医の採用基準の中には、勤務時間にフレキシブルである事という項目が盛り込まれていることも多いようです。小児科医の勤務形態には正社員以外にパートや人材派遣などがありますが、どの勤務形態でも院内当直や宅直オンコールなどが入っているため、どうしてもその時間帯は無理という人だと、勤務を始めてから精神的な無理を強いられてしまうかもしれません。例えば、大人なら夜間の発熱で病院に駆け込む人は少ないですが、赤ちゃんだと両親が心配するので夜間に病院に行くこともあるでしょう。そのため、宅直オンコールや院内当直でもゆっくり休みづらいのが小児科の特徴となっています。もしも家庭や育児と仕事を両立したい場合には、複数の小児科医が勤務する病院を選んで働いたほうが、オンとオフのメリハリがはっきり区別しやすくなるかもしれません。大人だと「このぐらいは平気かな」という症状でも子供だと病院に行くというケースが多いため、小児科医はどうしても時間にフレキシブルな対応を求められることが多くなってしまうのです。

小児科の医師求人にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 小児科医の求人数 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 国内全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 国内全国
  • 小児科医の求人数
  • ★★★★★






Copyright (C) 2013-2017 小児科医求人ランキング【※好条件の求人を探す方法】 All Rights Reserved.