小児科医求人ランキング【※好条件の求人を探す方法】

小児科医求人TOP >> 小児科医の転職活動のFAQ >> 小児科医の1日は?

小児科医の1日は?

子供が大好きなので小児科医になりたいと医師免許を取り、いざ小児科医として勤務したら、思っているよりもずっと仕事が多く、大変だという声が多いです。これから小児科医になろうと考えている人は、小児科医の一日の流れについて知っておくようにしましょう。勤務医と開業医とでは多少違いますが、一日の流れはほぼ同じと考えてください。朝は遅くても8時前から仕事が始まります。研修医であれば毎朝8時にはカンファレンスが行われるのは、どこの病院でも同じのようです。カンファレンスでは、患者の様子(経過)を報告し、皆で話し合います。カンファレンスが終了後は、それぞれのチームによる仕事が始まります。回診をしながら先生とそのチーム全員とが話し合って、患者(子ども)の点滴の指示やミルクの量を確認します。小さな子どもの場合は、特に薬やミルクの量を誤らないように十分注意します。

病院での勤務医の場合は、やはり朝は8時前には出勤していなければなりません。診察が始まるまでは主にデスクワークが中心で、診断書の作成などの書類の作成がメインです。その後、病棟の入院患者を診てまわり、何か変化はないかを確認します。外来の診察があればそこへ入る医師もいます。午後は入院患者の検査結果などを見て、今後の方針を考えていきます。薬をどうするか、退院はいつごろ可能かなど、患者それぞれに対して検討します。翌日の薬や検査の指示を出し、一日の仕事は終わりです。

夜に仕事を終えて帰宅すれば基本的に自由時間となるのですが、会社員と違ってゆっくりとくつろぐことは難しいです。病院の勤務医の場合は担当している患者の中に具合が良くない人がいれば、急変にいつでも対応できるようにしておかなければなりません。もし容体が悪くなれば呼び出されることがあるので気が抜けないのです。開業医の場合は夜の診察が終わればそれで終わりで、急に呼び出されたりすることはありません。しかし、小児科の開業医の中には、時間外でも子どもの急病時には対応しているところもあるので、気が抜けないのは同じです。子どもは夜中に急に発熱したり具合が悪くなることがあるので、時間外でも何かあったら連絡するように、夜間連絡先を教えている小児科医は多く見られます。一般内科などと比べ、小児科医は一日中忙しいと言えるかもしれません。他の診療科の医師たちよりも、激務になると言われるのはこういった理由が考えられます。一日がとても長く感じるという医師は多いでしょう。

小児科の医師求人にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 小児科医の求人数 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 国内全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 国内全国
  • 小児科医の求人数
  • ★★★★★





TOP

条件別の小児科医求人

小児科医の転職活動のFAQ

人気都市の小児科医の求人


Copyright (C) 2013-2017 小児科医求人ランキング【※好条件の求人を探す方法】 All Rights Reserved.