小児科医求人ランキング【※好条件の求人を探す方法】

小児科医求人TOP >> 条件別の小児科医求人 >> 女医歓迎の小児科医求人

女医歓迎の小児科医求人

1885年に日本で初めての女医が誕生してから120年以上が経ちますが、2000年には国家試験に合格する女性の割合も3割を超えるようになりました。厚生労働省の調査によると2010年度の医師の人数は295,049名でしたが、そのうち女性医師の人数は55,897名でした。割合からみると2割にも満たない数字ですが、30歳以下に限定すると女性医師の人数はすでに3割を超えています。またクリニックなど診療所で働く女性医師の割合は減少傾向ですが、逆に病院に勤務する女性医師の割合は増加傾向にあります。

日本の女医第1号は1879年に東京女子師範学校を卒業した、荻野吟子ですが女医への道は困難を極めました。女医を目指した吟子ですが、どの医学校も当時は女性を受け入れていませんでした。それでもどうにか支援者の働きもあり東京の下谷にあった、医学校「好寿院」に入学した吟子ですがさらなる困難が待っていました。それは女性は医師になるために必要な、医師試験を受けることができなかったのです。今の時代では考えられないことですが、女性が医師になった前例が無いというだけの理由で願書さえも却下されたのです。

それでも吟子の努力が実り1884年に医術開業試験規則が改正され女性の受験が可能となり、同年9月には吟子を含む4人の女性が受験して吟子だけが合格しました。吟子は翌年の3月に行われた後期試験にも合格し、日本で初めての女医が誕生しました。吟子が日本で初めての女医になり女性医師の数は徐々に増えていきましたが、公立医学校は以前として女性の入学を認めませんでした。さらに病院でも国家資格を持った女性医師を看護師や、助産師と同等に扱うなど当時の女性医師の社会的立場は低かったのです。

その後の多くの方の尽力で女性医師の社会的立場や地位が向上し、今では3人に1人が女性医師になろうとしています。女性医師が多い診療科も増え産婦人科や小児科に他にも、皮膚科や眼科など多くの診療科で女性医師の姿をみかけます。特に小児科では女性医師の割合は、すでに4割を超え5割に迫ろうとしています。自分で子供を持っている女性医師の場合は子育ての経験が、小児の診察や治療に役立っていることは間違いありません。

出産や子育てのために離職していた女性医師も含めて女医歓迎の小児科医の求人を探すのであれば、リクルートドクターズキャリアのような医師に特化された転職サイトで見つけることが大事です。他の職種も取り扱っている総合サイトに比べると求人も多く、女医歓迎の小児科医の求人案件も多数あるからです。また専任の担当者へ希望条件を伝えておけば、子供がいる場合でも勤務可能なところを探してくれます

小児科の医師求人にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 小児科医の求人数 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 国内全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 国内全国
  • 小児科医の求人数
  • ★★★★★






Copyright (C) 2013-2017 小児科医求人ランキング【※好条件の求人を探す方法】 All Rights Reserved.