小児科医求人ランキング【※好条件の求人を探す方法】

小児科医求人TOP >> 条件別の小児科医求人 >> 離婚率が低い小児科医求人

離婚率が低い小児科医求人

離婚率と医師の関係性についてイマイチピンと来ない方もいらっしゃるでしょう。しかしながら医師の離婚率の高さはすでに一般的な常識となっており、これは小児科医に限らず、医療従事者であれば誰しもがその危機にさらされているものと考えられています。実際、医師や看護師の離婚率は高く、母子家庭などになってしまい、それを理由に再び看護師として働き始めたり、または家事などを行うことができるような職場に異動を希望する医師が出てきたりするなどの要因と考えられます。

小児科医を始め、医師や医療従事者の離婚率が高い理由の1つとして、日々の仕事の多忙さ・激務が関係しています。仕事が忙しくて家庭を顧みずに働き続けてしまえば、自然と家庭での様々な物事への対応が疎かになってしまい、徐々に夫婦間、家族間でのすれ違いが増えてしまうことになります。これによって離婚を考えてしまうケースも容易に想像できるといえるでしょう。

また医師の離婚率が高い理由に、慰謝料などの観点から離婚に踏み出しやすいといった統計データも存在しています。医師の年収は平均で1000〜1800万円と言われており、このため配偶者側は比較的他の職業と比べて、離婚に踏み出しやすいと言われています。医師の仕事量を考慮すると、この額の給料は妥当なものと考えられますが、しかしながら一般的にはやはり高額な給与を得ていることになるためその分慰謝料や、子供がいる場合の養育費などをもらいやすいといった特徴があるのも、離婚率の上昇に拍車をかけていると言われています。

また離婚率を向上させる要因に、医療従事者ならではの世間的な価値観・常識といったものとの乖離が問題視されるケースもあります。夫婦生活、家族での生活といったものへの根本的な捉え方が異なったり、家族間やその周囲での何らかのトラブル等に対し十分な対応が取れなかったりすることなど、小さな問題の積み重ねが離婚を招くケースもある、と言われています。

いずれにせよ離婚率を減少させるためには家族でのふれあい、憩いの時間を十分に儲けることが大前提となります。そのためにはあまりに忙しすぎる現場、病院で働き詰めの毎日をおくるのではなく、ある程度余裕をもって仕事をすることができる施設や機関、または企業で働くことを想定しておくことが大切です。もし離婚率が低い現場への転職を希望するのであれば、転職支援サイトを利用して離婚率が低い病院または企業などの求人を紹介してもらうことをおすすめします。

小児科の医師求人にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 小児科医の求人数 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 国内全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 国内全国
  • 小児科医の求人数
  • ★★★★★






Copyright (C) 2013-2017 小児科医求人ランキング【※好条件の求人を探す方法】 All Rights Reserved.