小児科医求人ランキング【※好条件の求人を探す方法】

小児科医求人TOP >> 条件別の小児科医求人 >> 総合病院の小児科医求人

総合病院の小児科医求人

小児科医の求人動向を見ると、総合病院の募集は活発に出ています。メディアでもしばしば取り上げられているように、小児科医不足が日本全国で起きています。その中でも総合病院における小児科医の慢性的な不足は、時として深刻な状況にもなっています。特に救急対応しているような、地域の中核病院で積極的に小児科医の募集の出ている所があります。国公立・民間両方で募集が出ています。総合病院への転職を検討している小児科医がいれば、当面売り手市場で推移することが予想されます。ですから後悔のない転職をするためにも、どこに応募するかは慎重に考えた方が良いでしょう。

総合病院の小児科医と言えば、小児病棟の治療を担当し、月に何度か当直のある印象を抱く方も多いでしょう。このため、総合病院で働くことに興味があっても職場がハードなのでは、と不安に感じている人もいるでしょう。確かに総合病院の小児科医はハードな職場になりがちです。人手不足なので、どうしても小児科医一人あたりの仕事量も多くなりがちです。ただし総合病院でも小児科医の離職を防ぐために、健全な職場環境を整える努力も進められています。

例えば当直時間を労働時間とカウントしてシフトを組んで、長時間労働にならないようにケアしている総合病院が見られます。また女性医師とワークシェアのできるようにしている医療機関も増えています。女性医師の場合、結婚・出産した後の働き方がネックでした。家庭優先にするために、なかなか職場復帰できないという話も聞かれます。しかしワークシェアを導入することで、女性医師も家事や子育てと無理なく両立しながら、働ける環境を作っています。また子持ちの女性医師のために、院内保育所を設け子どもをそこに預けられるようにしている医療機関も見られます。診療科目別にみると、小児科医は女性医師の占める割合が比較的高めです。女性の医者を活用できるようになれば、レギュラーの総合病院の医者の負担も軽減されます。このように無理なく仕事のできるような環境作りを目指している総合病院も多いです。無理なく仕事の出来そうな職場かどうか、総合病院の募集に応募する際にはチェックしましょう。

スキルアップ・キャリアップを目指すために転職を検討している小児科医にとっては、総合病院は魅力的な職場です。特に新生児医療に力を総合病院は多いです。NICUを設けている所もあって、中小の病院やクリニックではなかなか経験できないキャリアを積み重ねられるでしょう。

小児科の医師求人にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 小児科医の求人数 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 国内全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 国内全国
  • 小児科医の求人数
  • ★★★★★






Copyright (C) 2013-2017 小児科医求人ランキング【※好条件の求人を探す方法】 All Rights Reserved.