小児科医求人ランキング【※好条件の求人を探す方法】

小児科医求人TOP >> 条件別の小児科医求人 >> 首都圏の小児科医求人

首都圏の小児科医求人

東日本大震災で被災した東北地方や離島など、過疎地だけで医師が不足していると思っている人も多いようです。それに対して首都圏で暮らしている人々は、医師不足など他人事のように感じている人がほとんどです。たしかに東京にはいたるところに病院があり、医師が足りないなどと感じることはほとんどありません。しかし千葉や埼玉など東京に隣接している県では、深刻な医師不足に悩んでいる病院がたくさんあります。特に小児科医の不足はより深刻で、医師不足で小児救急から撤退した市民病院も存在しています。

東京の町田市にある町田市民病院も2008年に救急車の搬送の受け入れや、入院や手術が必要な患者の受け入れを行う2次救急の小児科の指定を取り消しました。町田市民病院は町田市ではベッド数34の入院病棟を持つ、ただひとつの医療機関で24時間体制で患者を受け入れていました。2007年には時間外で4605人の患者の受け入れを行っていただけに、突然のこの知らせに驚いた市民もおおぜいいました。2次救急病院の医師の適正人数は普通は8人とされていますが、町田市民病院では4人に医師で対応していました。

ところが4人のなかの女性医師が子供の出産のために産休で働けなくなり、大学病院の紹介で若い医師に当直をお願いしていました。しかしその医師も辞め、3人の医師だけでは24時間体制の維持が難しくなったのです。都内の公立病院の小児科で2次救急が、指定を取り消されたのは2002年6月1日に開設された日野市立病院から2回目です。ただ日野市立病院の場合は開設された翌年の2003年のことだけに、いかに都内での小児科医の常勤医の確保が難しいかが分かります。

実は首都圏では救急病院の数が年々減っていて、1番大きな理由としては医師の確保が難しいことです。地方の中小病院では患者数が減少しているという現実がありますが首都圏の場合は過酷な小児科医は、募集してもなかなか常勤医が集まらず当直を回せないからです。少ない常勤医で当直をやりくりを行っている病院では、当直明けもそのまま1日の勤務に就くのが普通です。そのため小児科の場合は30時間での、連続勤務など珍しいことではありません。

それだけに首都圏の小児科医の求人は多数ありますが当直をやりたくないとか少しでも条件がいい病院を探すのであれば、リクルートドクターズキャリアのような医師に特化された転職サイトで見つけるのが最も確実で早いと思います。専任の担当者が最新の首都圏の、小児科医の求人情報を知らせてくれます。

小児科の医師求人にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 小児科医の求人数 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 国内全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 国内全国
  • 小児科医の求人数
  • ★★★★★






Copyright (C) 2013-2017 小児科医求人ランキング【※好条件の求人を探す方法】 All Rights Reserved.