小児科医求人ランキング【※好条件の求人を探す方法】

小児科医求人TOP >> 条件別の小児科医求人 >> 年収が高い小児科医求人

年収が高い小児科医求人

小児科がある病院で親に連れてこられた子供が母親の腕の中で、ぐったりしている姿はなどはよく見かける光景です。親にしてみれば自分の子供の具合が悪くなれば心配なのは当然で、まして深夜に高熱が出ればタクシーでどこまでも子供を抱えていくのが親の役目です。しかし熱があったり具合が悪い子供は泣け叫ぶばかりで、親だけでなく担当の医師も大人以上に診察はたいへんです。実際に小児科医や小児科で働く看護師さんの、仕事ぶりを見ていると頭が下がる思いです。

小児科医も病院や地域によって待遇にもずいぶんと差があり、厚生労働省の調査でも小児科医が足りているところは24時間を超えるような勤務もありません。また宿直の回数も少なく宿直明け後もそのまま勤務することもなく、医師のローテンションが上手くいっている病院もあります。しかしそんな病院は少なく365日24時間体制で小児患者を受け入れている小児救急医療拠点病院では、24時間を超えるような勤務は月に平均で2回以上あり、勤務時間も約30時間であることが調査で分かりました。

さらに小児救急医療拠点病院での常勤の小児科医の人数は平均で9.8人で、1ヶ月の勤務日数は平均で22.3日で勤務時間は平均で229.6時間でした。また宿直の回数は1ヶ月に5〜6回で、宿直明け後もそのまま勤務すると答えた小児科医が7割を超えていました。また時間外診療で22時までに病院を訪れる患者の人数は医師ひとりあたり8.7人で、22時から翌朝6時までに病院を訪れる患者の人数は医師ひとりあたり平均5.6人でした。

しかし病院によっては勤務日数が26日を超えていたり、勤務時間数が380時間を超える小児科医もいました。またなかには24時間以上の連続勤務が10回を超えていたり、連続で40時間も勤務するという医師もいます。さらに時間外診療での患者数も22時までに医師ひとりあたり28〜30人もいたり、22時もひとりで40人を診療していた小児科医もいました。このような過酷な労働条件で働くことに、耐え切れずに転職する小児科医も少なくありません

ただ同じく転職する場合でも労働条件だけでなく、病院や地域によっても年収も変ってきます。もともと同じ医師といっても診療科によってその年収に差があり、外科や麻酔科の医師の年収が高いことはよく知られています。また逆に年収が他の診療科と比較すると、低いといわれているのが精神科医や小児科医です。しかしこれも需要と供給のバランスの問題で、どこも小児科医が不足している昨今では年収が高い小児科医の求人も目にします。
 
もし年収が高い小児科医の求人を探すのであればリクルートドクターズキャリアのような、医師に特化された転職サイトで見つけることをお勧めします。たとえばリクルートドクターズキャリアであれば専任のキャリアアドバイザーが希望されるような条件で、年収が高い小児科医の求人の紹介を行っています。またサイトには一般公開されていないような、非公開情報のなかには特に好条件な求人案件もあります。

小児科の医師求人にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 小児科医の求人数 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 国内全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 国内全国
  • 小児科医の求人数
  • ★★★★★






Copyright (C) 2013-2017 小児科医求人ランキング【※好条件の求人を探す方法】 All Rights Reserved.