小児科医求人ランキング【※好条件の求人を探す方法】

小児科医求人TOP >> 条件別の小児科医求人 >> アルバイトの小児科医求人

アルバイトの小児科医求人

医師という職業は特殊で他の職種とは違い、研修医時代を別にすれば給与が需要と供給で決まります。そのため僻地や離島など医師がいない地域では給与も高くなり、麻酔医など診療科でも医師が少ない場合は高給の求人が一般的です。さらに医師のアルバイトも他の職種とはかなり異なっていて、アルバイトの時給のほうが病院に勤務する医師の給与よりも割高です。

たとえば普通はコンビニや居酒屋でアルバイトをしてもせいぜい時給も1000円程度で、1000円を超えるアルバイトは水商売など特殊なものに限られます。事務系などのアルバイトでも時給も1000円前後で、月給にすれば15万円に届きません。ところが医師のアルバイトは時給1万円で、病院などに勤務する場合よりも高いのです。

このことについては堤真一さんの主演で映画化にもなった「孤高のメス」の原作者で、現役の医師である大鐘稔彦氏の著書「患者を生かす医者死なす医者」の中でも触れられています。大鐘氏は1968年に京都大学医学部を卒業した後に、埼玉県の病院の院長時代に日本の医療を考える会を発足させます。これまでリアルタイムで公開手術を行ったり、エホバの証人だった患者の無輸血手術を行った医師としても知られています。

大鐘氏は著書のなかで医師の常勤に比べると医師のアルバイトの給与は非常に割高で、世間一般のアルバイトの給与が正社員の給与よりも割安なことを考えると、医者の世界はこうした世間の常識にまったくそぐわないと書いています。ただ冒頭にも書きましたが医師の給与は需要と供給で決まり、特に医師不足で悩んでいる病院にとっては医師がいなければ病院の存続にもつながります。

小児科医の場合もそれは同様で常勤の小児科医が不足で、このままでは病院の存続が難しい病院ではアルバイトの小児科医の求人を常時行っています。常勤の小児科医が募集をかけても集まらずに不足している病院では、常勤医師への負担が増し過剰業務でストレスを抱えている小児科医も少なくありません。小児科医の負担は増すばかりですが、近年は小児科医の数は横ばい状態で増えていません。

子供たちの安全のためにもアルバイトの小児科医の存在は必要で、今後は小児科医の数が増えない限りは医師の過労を防ぐためにも欠かせないのです。小児科医のアルバイトの探し方ですが、医師に特化された転職サイトで見つけることおすすします。たとえばリクルートドクターズキャリアなどには常勤の小児科医の方だけでなく、出産や子育てのために離職している女性医師のアルバイトの求人案件も多数あります。

小児科の医師求人にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 小児科医の求人数 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 国内全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 国内全国
  • 小児科医の求人数
  • ★★★★★






Copyright (C) 2013-2017 小児科医求人ランキング【※好条件の求人を探す方法】 All Rights Reserved.