小児科医求人ランキング【※好条件の求人を探す方法】

小児科医求人TOP >> 条件別の小児科医求人 >> 新生児に関わる小児科医求人

新生児に関わる小児科医求人

小児科医は新生児から15歳までの子どもの診療を主に行います。その中に、新生児科という診療科もありますが、これは街のクリニックなどにはほぼありません。新生児科というのは、超低出生体重児といったハイリスクの新生児の集中治療を行う診療科です。NICUという新生児集中治療室で24時間体制の集中治療を行いますので、当然ここで働く医師、看護師共に当直は必須となります。激務と言われる小児科よりもさらに激務だと言われる新生児科は、常に医師不足の状態で、NICUという最新の設備が設置されたとしても、新生児科の医師が集まらないという問題が起こっているのです。

NICU自体が大きな病院にしかないことや、地方の病院にはないことなどから、新生児科医の求人はそれほど多くありません。小児科医が手分けをして新生児科も担当するような状態が続いており、さらに小児科医の負担が大きくなっています。激務の割には年収がそれほど高くないというのも、人が集まらない原因と言えます。NICUがあるのは大学病院や急性期病院となるので新生児科だけ特別高給を出すことは難しいのです。しかし、新生児集中治療室では様々な難しい症例を扱うことが多いため、自身のスキルアップを求める医師にとってはやりがいを感じる職場でもあります。このようにやりがいを求めて新生児科へ来る医師も多いのですが、想像以上の激務であるため、かなり強い精神力と体力が必要であると言えます。

新生児科医として働きたいのであれば、新生児集中治療室がある大きな病院の求人をチェックしてみると良いでしょう。新生児科医師は不足しているため、たいてい求人が出されています。勤務条件や待遇が希望に合えば、応募してみると良いでしょう。しかし、いくら不足しているとはいえ、必ず採用されるわけではありません。新生児科でどんな仕事をしたいか、どんな心構えでいるかをしっかり伝えるようにしましょう。今まで新生児科で働いていて別の病院の新生児科へ転職する場合はどんな仕事をするか予想がつきますが、別の病院の小児科医が新生児科へ転職する場合は、新生児科の仕事内容を今一度確認しておく必要があります。新生児科の仕事がこんなに大変だとは思わなかったと、転職したことを後悔して早々に辞めてしまうことがないようにしましょう。新しく新生児集中治療室を立ち上げるような病院だと、確実に新生児科医の求人はありますのでチェックしてみてください。求人情報誌などに情報がなくても、病院のホームページで求人が出ていることがあるので、病院のホームページも要チェックです。

小児科の医師求人にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 小児科医の求人数 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 国内全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 国内全国
  • 小児科医の求人数
  • ★★★★★





TOP

条件別の小児科医求人

小児科医の転職活動のFAQ

人気都市の小児科医の求人


Copyright (C) 2013-2017 小児科医求人ランキング【※好条件の求人を探す方法】 All Rights Reserved.