小児科医求人ランキング【※好条件の求人を探す方法】

小児科医求人TOP >> 条件別の小児科医求人 >> 国立病院の小児科医求人

国立病院の小児科医求人

独立行政法人・国立病院機構といった、国立病院で働きたいと考えている小児科医の方も少なくはないでしょう。実際国立病院で働くことができれば準公務員としての扱いを受けることになり、収入面や生活の面で大きな安定を得ることが可能になります。

国立病院の小児科医の仕事といっても、基本的には他の病院とそこまで大きな違いがあるわけではありません。しかしながら国立病院には最新の医療機器や設備等が充実しているところもあり、また何より国立病院で働くことで安定と実績を得られるといったメリットが大きいのが特徴といえるでしょう。もちろん準公務員扱いということで福利厚生もしっかりしており、休日や有給休暇の取得率、また賞与やその他の手当などもしっかり得られることが魅力の一つと言えます。実際にもらえる給料の手取りは私立病院や開業医に比べて下回りますが、それでも安定的に仕事ができるという点は他の職場での仕事では得られないものといえるでしょう。

国立病院であっても担当する患者、すなわち子どもたちやその保護者達への対応は変わりません。特に乳幼児の健診やいつ、いかなる時でも対応できるよう宅直オンコールに対応したり、または日直・当直の際には他の患者の内科的な診察も行なっていかなければなりません。単純に小児科医は子どもたちだけを相手にすればいいわけではなく、ひいてはその家族の抱える心配事を取り除いてあげることを目的に診療を行う必要があります。特に昔から緊急性の低い病状であっても心配に思って救急に駆け込む保護者も多く、そういった方々にも親切に対応できるかどうかで、小児科医師としての今後も大きく変わってきます。

国立病院では他にも様々な診療科が併設されていることが多く、そのため当直の際にはそれらの診療科にも精通しておく必要があります。特に小児科医は内科や耳鼻科などの知識も十分兼ね備えておく必要があり、いざという時に対応できるスキルをもっておく必要があります。

国立病院で働きたいと考えた際に、何を目的に国立病院での勤務を希望するのか、改めて考慮する必要があります。多くの場合安定性、安心感といったものを得るために、または国立病院ならば途方もなく忙しいということは無い、といった期待感で転職する方もいるでしょう。しかし国立病院であっても忙しい時は他の病院と同様多忙を極め、決して楽な仕事環境ではないということを認識しておかなければなりません。それでも国立病院で働きたいと強い意思を持っているならば、転職支援サイトなどを利用して求人を探しましょう。

小児科の医師求人にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 小児科医の求人数 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 国内全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 国内全国
  • 小児科医の求人数
  • ★★★★★






Copyright (C) 2013-2017 小児科医求人ランキング【※好条件の求人を探す方法】 All Rights Reserved.