小児科医求人ランキング【※好条件の求人を探す方法】

小児科医求人TOP >> 条件別の小児科医求人 >> 労働環境がいい小児科医求人

労働環境がいい小児科医求人

高給な職業で知られる医師の仕事ですが、一方では激務な仕事としてもよく知られています。また同じ医師でも勤務する病院や診療科によっても労働環境が違うので一概には比較できませんが、小児科医も週の勤務時間が生涯で60時間を超えています。若い小児科医のなかには週に70時間を超える医師もいて、激務が原因でうつ病になったりなかには自殺する場合もあります。実際に若手でなくても1999年8月16日に病院の屋上から、飛び降りて亡った小児科医の中原利郎氏は享年44歳でした。

1981年に千葉大医学部を卒業した後に旭中央病院の小児科で勤務し、19887年から都内のある総合病院で約12年間も小児科医は天職といいながら仕事をしていた中原氏が死を選ばなければいけなかったのでしょうか。3人のお子さんを持ち地元の子供たちにサッカー指導を行っていた、ひとりの小児科医をそこまで追い詰めたものとは何なのでしょうか。中原氏が勤務していた病院は小児心身医療が専門で、一般の小児科医療はほとんど中原氏ひとりに負担が掛かっていたようです。

また1996年からこの病院では24時間365日診療態勢を始めるため小児科だけの当直を行い、常勤の小児科医も3人になったため中原氏は月8回の当直をしながら常勤医探しも同時に行う忙しい毎日を送っていました。そんな中原氏に異変が起き始めたのは部長職となり、病院の会議に出席するようになってからです。会議に出るのが怖いと、家で泣くようになったのです。そして当直といって家を出た8月15日の翌朝に、病院の屋上から身を投げたのです。

中原氏の遺族がこの病院を訴えていた裁判は最高裁で和解ということで決着しましたが、中原氏の死は小児科医の労働実態の過酷さを証明するものです。実際に過労に耐えかねた小児科医が離職して小児科を止めた病院や、小児科の夜間診療や土日の救急診療を行えないところがあることは小児科医の労働環境がいかに厳しいかを物語っています。日本の医師の週の労働時間の平均が50時間ということをみても、小児科医の場合はそれよりも平均で10時間もオーバーしています。

海外でも日本語の過労死がそのまま通じますが、欧米の医師でも週の平均勤務時間は50時間を切っています。日本のように30時間連続で勤務するなど、他の国の医師は理解できないといいます。中原氏のようにうつになる前に、労働環境がいい病院に転職すべきです。もしそれで病院が小児科をやっていけないとしても、それは病院サイドの問題で医師とはなんの関係もありません。

もし労働環境がいい病院を探すのであればリクルートドクターズキャリアのような、医師に特化された転職サイトで見つけるのが1番いいでしょう。手遅れになる前に人間としての生活を取り戻すことが最優先で、転職サイトの専任の担当者が責任を持って転職先を紹介してくれます。また忙しい先生に代わって、面接の段取りなどもすべて担当者が行います。

小児科の医師求人にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 小児科医の求人数 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 国内全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 国内全国
  • 小児科医の求人数
  • ★★★★★






Copyright (C) 2013-2017 小児科医求人ランキング【※好条件の求人を探す方法】 All Rights Reserved.