小児科医求人ランキング【※好条件の求人を探す方法】

小児科医求人TOP >> 条件別の小児科医求人 >> 英語を使う小児科医求人

英語を使う小児科医求人

近年の日本では少子高齢化で内需も期待が持てず、海外へと市場や販路を求める企業が増えています。そのため求人の応募条件にある一定の、TOEICスコアが記載されているケースもずいぶんと多くなりました。また日本国内にある外資系企業への就職や転職を希望する人も多くなり、以前と比べると英語を使う機会が増えています。医師でもTOEICスコア920点を取ったと報道されていましたが、韓国の電子メーカー「サムスン」でも課長以上への昇格や昇進の条件としてTOEICスコア920点以上が求められます。

ただサムスンの場合は採用の条件としてTOEICスコア900点以上が求められているので、特に920点以上といわれても驚きません。日本国内でも松下電器では国際広報担当者には900点以上が求められていて、多くの大手企業では英語を使えることが当たり前となっています。そのため楽天などは2012年からは英語を社内での公用語として、会議や連絡などもすべて英語で行っています。

医師でも英文の論文や資料を読んだりするのは何とかできても、リスニングや喋るのは苦手だという医師はけっこういます。それでも最近では無料で医学英語を学べるWebサイトがたくさんあるので、時間がなくてスクールなどには通えなくても自宅や職場で、ちょっとした時間に英語を勉強するには便利です。たとえば東京医科大学が公開している「the English for Medical Purposes」や、循環器関連の臨床試験結果をサイトで発表している「Clinical Trial Results.org」などはすべて無料で医学英語を学習できます。

「the English for Medical Purposes」はもともとは医学生を対象とした英語学習サイトですが、学生でなくても登録すれば無料で利用できます。疾患や身体の機能に関する英文を読んで質問に答えるテスト形式となっているサイトで、診察室での医師と患者さんとの会話を動画で学ぶ「Video Materials」も参考になります。また「Clinical Trial Results.org」はAHAやACCなどの学会での発表など、最新の学会情報が入手できるサイトなどで英語の学習だけでなくても使えます。

これらの他にも1部だけ無料ですが「TALKING MEDICINE」は医師など医療関係者のための英語学習サイトで、講演・症例報告・医師コンサルティング・インタビュー・発音の5つに分かれていて、それぞれの分野の英語の問題を聞いて回答していきます。もし継続できれば医学英語のボキャブラリーや、リスニングス力がアップすることは間違いありません。この他にも英語論文を書くときに参考となる「PERC Corpus Online」など、たくさんの英語学習サイトが存在しています。

近年では外資系企業が増えたり外国人を採用する企業が増え、それに伴い英語を使う小児科医の求人も目にするようになりました。もし英語を使う小児科医の求人を探すのであれば、リクルートドクターズキャリアのような医師に特化された転職サイトで見つけるのが1番確実です。

小児科の医師求人にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 小児科医の求人数 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 国内全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 国内全国
  • 小児科医の求人数
  • ★★★★★






Copyright (C) 2013-2017 小児科医求人ランキング【※好条件の求人を探す方法】 All Rights Reserved.