小児科医求人ランキング【※好条件の求人を探す方法】

小児科医求人TOP >> 条件別の小児科医求人 >> 年齢不問の小児科医求人

年齢不問の小児科医求人

深刻な医師不足で60歳以上の医師の求人など、実質的には年齢不問の求人情報も目にするようになりました。急速に進む日本の高齢化社会における医師不足は今では社会問題にまでなっていて、特に都市部と地方との医師数の格差も深刻な問題になっています。日本の高齢化と共に当然のことですが医師の高齢化も進み厚生労働省の予測では、日本の医師数は2035年には39.7万人に増加するとみられています。さらにその内60歳以下の医師数は25.5万人しかいなく、60歳以上の医師数は14.1万人と60歳以下の医師数の50%を超えると思われます。

2035年には日本は65歳以上の高齢者が人口の約40%を占めることが予想されますが、若手の医師数はそれほど増えないなか高齢医師数は際立って増加することが考えられます。さらに日本の勤務医の、過酷な勤務状況が問題視されています。特に20歳代後半の若手の医師の週の勤務時間は平均で85時間と、日本の勤務医の平均勤務時間の70.6時間をはるかに超えています。欧米では若い医師の労働時間は厳しく法律で制限されていますが、日本では深刻な医師不足で勤務時間を減らそうにも交替医師要員がいないのが現状です。

これらの現実は小児科医も同じですがもし欧米と同様に勤務医の労働時間を48時間にした場合には、医師数を今の50%も増やす必要があることが試算で分かっています。小児科医に限らず多くの診療科で若手の医師への負担は増すばかりで、今の日本の高齢化を考えたときに60歳以上の医師への期待は増すばかりです。このままでは日本の将来は高齢者が病院を訪れても、必要な医療を提供できないことが十分に考えられます。

同じように少子化が進んでいる日本でこのまま小児科医の不足が続けば、安部政権が唱えるような女性が安心して子供を育てる国どころではありません。24時間体制での小児科医の労働環境は異常で、早急に小児科医の数を増やさない限りは医療の崩壊にも繋がりかねません。年齢不問の小児科医求人の探し方ですリクルートドクターズキャリアのような、医師に特化された転職サイトには数多くの求人情報が掲載されています。そのなかには60歳以上の医師の求人など、年齢不問の小児科医の求人情報もあります。

またリクルートドクターズキャリアには一般公開されていない貴重な求人情報も多く、リクルートドクターズキャリアに登録されれば一般公開されている求人情報の他にも非公開の小児科医の求人情報も担当が教えてくれます。

小児科の医師求人にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 小児科医の求人数 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 国内全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 国内全国
  • 小児科医の求人数
  • ★★★★★






Copyright (C) 2013-2017 小児科医求人ランキング【※好条件の求人を探す方法】 All Rights Reserved.