小児科医求人ランキング【※好条件の求人を探す方法】

小児科医求人TOP >> 条件別の小児科医求人 >> 60代向けの小児科医求人

60代向けの小児科医求人

医師免許を取得すれば、一生涯その資格は使えます。中には60代以降も小児科医として活動している人も見られます。ただ、60代以降で転職を希望する小児科医はあまり多くありません。ただしゼロではなく、年齢別でみてみると小児科医全体の数パーセントは60代の転職になります。60代の方を対象にした小児科医の求人は、数はほかの年代と比較すると少ないです。しかし全く募集が見つからないわけでもないです。小児科医は日本全国で慢性的な不足の状態です。このため、60歳以降の方でも雇えるものなら雇いたいと考える医療機関もあります。

60代で小児科医として転職を検討しているのであれば、待遇や肩書も大切かもしれませんが他の部分を重視して応募先を検討すべきです。まずは勤務先についてです。60代以降になると、さすがに体力も若いころと比較するとかなりダウンしているはずです。ですから電車に揺られて連日長距離移動するのは大変でしょう。よって自宅から近場の医療機関で勤務できないかをチェックすることです。また同じく体力的な問題で、長時間勤務のない医療機関にターゲットを絞ることも大事です。たとえば夜勤のある医療機関で勤務するとなると、60代以降はさすがに厳しいでしょう。ワークライフバランスの取れた勤務先を見つけることも大事です。60代になると若いころのように無理はきかなくなります。「自分はまだ老け込んでいない」と思っている人もいるでしょうが、体に負担のかからない勤務先を見つけることが重要なポイントになります。

60代の小児科医の転職事例もネット上では、いろいろと公開されています。その中で、地方に転職したという人がしばしば見られます。地方のクリニックなどに住宅も引っ越しして、転職するパターンです。地域密着型で、より丁寧に診療できるような環境を求める小児科医は、60代以降になると多いです。じっくりと患者と向き合った治療をしてみたいと考える傾向にあるようです。また患者にとっても60代以降のベテランの医者が診療してくれれば、安心感もあるでしょう。

周辺環境を気に入って、地方に転職する人も多いようです。60代以降になると、都会の喧騒から離れ、自然豊かな環境の中でのんびりと仕事を含めた生活を送りたいと考える人も増えてきます。このように60代の小児科医が転職を希望するのであれば、待遇よりは環境などを重視したほうが後悔のない転職先が見つかるでしょう。

小児科の医師求人にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 小児科医の求人数 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 国内全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 国内全国
  • 小児科医の求人数
  • ★★★★★






Copyright (C) 2013-2017 小児科医求人ランキング【※好条件の求人を探す方法】 All Rights Reserved.