小児科医求人ランキング【※好条件の求人を探す方法】

小児科医求人TOP >> 条件別の小児科医求人 >> 40代向けの小児科医求人

40代向けの小児科医求人

小児科医不足は、日本全国的に見て深刻な状況にあるといっていいです。このため、40代の小児科医を対象にした募集もしばしば出ています。40代になるとそれなりにキャリアを持っている人も多いでしょうから、待遇重視で転職先を比較してみてもいいでしょう。人材不足で、とにかく経験豊富な小児科医が必要と考えている医療機関も結構あります。このため、かなりの高待遇で求人情報を出している募集も見られます。

ちなみに40代医師の平均年収ですが、すべての医療機関で勤務している人合わせて1200万円前後になると考えられます。しかし40代を対象にした小児科医の募集を見てみると、これをはるか超える年収で募集している案件もしばしば出ています。年収2000万円オーバーの案件も出ています。中には、年収3000万円前後で小児科医を募集している求人もあるほどです。もし現在の収入に不満を感じているのなら、転職する絶好期と言っていいでしょう。40代の小児科医の転職事例がインターネットでしばしば紹介されています。その体験談を見ると、「収入がかなりアップしました」という投稿も少なからずみられます。

40代に差し掛かってくると、ただ一介の医者として勤務するだけでなく、管理職の役割を任せられるような募集もあります。例えば小児科部門の部長とか、もっと上の経営陣待遇の募集なども見られます。ただの医者としてではなく、肩書もほしいと思っているのであれば、管理職もしくは管理職候補の求人もしばしば出ているのでチェックしてみると良いでしょう。

もし総合病院の小児科医として働きたいと思っているのであれば、体力面に問題のないことを転職活動ではアピールした方が良いでしょう。40代中盤から後半に差し掛かってくると、さすがに若いころのように無茶がきかなくなってくるはずです。総合病院の医者になると、月に何度か夜勤を担当する必要があります。採用する側としては、「この年齢だと夜勤とかこなせるだろうか?」と不安に感じる可能性もあります。「前の職場も総合病院で夜勤も普通に担当していました」のような、体力に問題のない所をアピールしてみるのもおススメです。

もし体力的に少ししんどくなってきたら、40代で病院からクリニックにキャリアチェンジしてみるのもいいかもしれません。クリニックは病棟を抱えている所は少ないです。このため夜勤を担当することがなく、朝出勤・夕方ごろ退社の規則正しいリズムで仕事ができるでしょう。

小児科の医師求人にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 小児科医の求人数 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 国内全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 国内全国
  • 小児科医の求人数
  • ★★★★★






Copyright (C) 2013-2017 小児科医求人ランキング【※好条件の求人を探す方法】 All Rights Reserved.